なぜ?エバーフレッシュの葉が夜になっても閉じなくなった

EF_NoClose_eye

12月に入った途端に、急激に寒くなって来ました。ここ数年では、こんなに早くからここまで気温が下がることはありませんでした。その影響からか、エバーフレッシュに異変が起きました。

エバーフレッシュの葉が閉じない

急激な寒さが原因なのかは分かりませんが、ここ数日エバーフレッシュの葉が閉じません。

昼間の状態
EF_NoClose (1)
普通に葉は開いています。

深夜00時頃
EF_NoClose (2)
まったく閉じていません。11月末までは普通に夕方から徐々に葉が閉じ19時過ぎには完全に閉じていたのですが、今月に入ってから気付いた時にはこの状態でした。

深夜と言っても21時頃には部屋の照明を落とし、豆電球くらいの明るさにしていますので(画像は撮影のために照明をつけています)、00時頃まで葉が閉じないなんてことはありえません。
やはり思い当たる原因としては、急激な寒さしかありません。対策として、水やりを控えています。

回復の兆し

このまま枯れてしまうのではないかと心配していましたが、数日経って動きが出てきました。

6日目の夜
EF_NoClose (3)
22時頃の画像です。若干ですが、葉が閉じ気味になってきています。

寒さ自体は変わらず、むしろ12月入ってからの寒波で寒くなってきているのですが、植物自体も慣れというものがあるのか、やっと動き出しました。
それでもこの状態が朝まで続き、まだ完全には閉じません。

まとめ

今年は寒くなるのが早いですね。これも異常気象というのでしょうか。
特に12月入ってからの寒波は、一気に真冬になった感じがします。本来一番寒くなるはずの2月頃はどうなるの?って感じです。

この寒さが植物にも影響するとは思っていませんでした。
本来は、季節や気温に影響されているであろうことは、理解しているつもりでしたが、休眠して成長が遅くなるくらいの認識しかありませんでした。

エバーフレッシュのように毎日休眠運動を繰り返す植物だからこそ、目に見える形で影響を目の当たりにできたのだと思います。
休眠運動をするエバーフレッシュは、生きてることを実感できてペットみたいで可愛いです。

今年は特に水やりや日当たり、葉水や防寒対策など、冬越し対策に注意が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする