水槽大きくしたい病~90スリム水槽

長らく、水槽大きくしたい病に罹っていましたが、とうとう水槽を大きくしてしまいました・・・

aqa20120102 002.jpg

90スリム水槽です!!

90スリム水槽といってもW90×D23×H32の極薄スリムなんで、水の容量は60規格水槽とほぼ同じです。
奥に写っているのが、今まで使っていた40㎝水槽(レグラスR400 W40×D26×H30)です。比べると相当でかい!と感じます。奥行きは逆に3cm位短くなったのですが、やっぱり幅が90あると迫力が違いますね。

aqa20120102 001.jpg

底床はやはりコリドラスメインで田砂と礫を使います。田砂は極薄で1㎏、礫Lサイズが1㎏、礫Mサイズが0.5㎏使用しました。
あとは今までの水槽からそのまま移植。水も高低差を利用してプロホースで直接移動しました。水は移してみると1/3弱にしかなりませんでしたので、2/3は20リットルポリタンクを横のラックに乗せてプロホースでゆっくりと追加しました。(水合わせも兼ねるつもりで・・・)

aqa20120102 005.jpg

で、こうなりました。 レイアウト的なセンスは全く無いので・・・

ヒーターは60規格とほぼ同じ水量ながらも細長い水槽ですので、温度むらを考えて今まで使っていたICオートヒーター DS(デュアルセーフ)150と同じ物を追加して2本体制で行きます。

濾過器は今まで使っていたエーハイム2211+2213サブではポンプ容量が小さいかなと思い、新たにエーハイムフィルター500を追加しました。2213より安いから・・・バスケットいらないし・・・
水槽の奥行きが薄いのでエーハイムフィルター500では水流が強すぎます。そこで構成を変えてエーハイムフィルター500+2213サブにして、シャワーパイプの穴も3.5㎜に拡大し水槽左側に設置。エーハイム2211は単体でそのまま水槽右側にシャワーパイプを設置。
そうすることで水槽左側はやや強めの水流、右側は相殺されて緩やかな水流となり、全体が左から給水口のある右側へ流れるようになっています。

タンクデータ

水槽  アクアシステム Slim900(W90×D23×H32)

濾過器 エーハイムフィルター500+2213サブ
      (給水口テトラP-1、排水口シャワーパイプ)
     エーハイム2211

底床  田砂1㎏、礫Lサイズ1㎏、礫Mサイズ0.5㎏

照明  アクシーイオンZ 900i 14:00~23:00 9時間点灯

ヒーター ICオートヒーター DS(デュアルセーフ)150×2本

生体  Coステルバイ×2、Coアトロペルソナータス×1、コリドラスsp×1、
     ネオンテトラ×3、テトラオーロ×4、オトシンネグロ×2、
     サイアミーズフライングフォック×1、石巻貝×1

水草  ミクロソリウムセミナロー、ミクロソリウムウェンディロフ、
     アヌビアスナナカメルーン産、アヌビアスナナプチ、
     ブセファンドラカプアス2
     ハイグロフィラポリスペルマ

生体たちは、突然世界
が広くなったことにかなり戸惑っていました。ネオンテトラは角で固まって全く動かないし、コリドラスたちは流木の下から出てきません。サイアミーズフライングフォックは何故かテトラオーロと群れて行動していました。

そうそう、サイアミーズフライングフォックはレグラスR400の時、とにかく藻類に悩まされ黒ひげ対策に2週間ほど前に入れたのでした。素晴らしい働きで、みるみる黒ひげが無くなって行きましたね。それが僅か2週間ほどで水槽を変えるとは、もう少し落ち着かせてくれと文句を言ってるでしょうね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする