温室改良~冬越し対策

onsitukai.JPG設置した当初は、まだ気温もそこそこあったので室内では18~20度辺りで推移していたのですが、ここ最近グッと気温も下がってきて新たな問題が・・・。

どうやら温室とは呼んでいるものの、ビニールで覆っただけの物では、ほとんど保温できないようで、室内の最低温度が15度付近になると温室内も同様に15度付近まで温度が下がっていました。
また、冬になるに連れ日の角度が変わってきて、東向きの窓から午前中すら直射日光が入ってこなくなってきたので、光量不足も心配です。と、いうことで少し改良してみました。

保温電球 20W カバー付 HD-20C まずは保温(加温?)対策として保温電球 20W カバー付 HD-20Cを導入してみました。何がいいか検索してみると、皆さんパネルヒーターやいろいろな保温器具を使用しているみたいだけど、温室のサイズを考えてとりあえずこれにしてみました。

GEX ICサーモスタット SX003N ブラック温度の制御には、GEX ICサーモスタット SX003N ブラック を選択しました。本来は熱帯魚用水槽ヒーターのサーモスタットですが特に問題なく使えています。20度に設定していると、およそ19.6度~20.3度の間でON/OFFしています。

このセットで今のところ20度付近を維持できています。いよいよ寒くなる厳冬期には保温電球 20W カバー付 HD-20Cをもう一つ追加するか、よりワット数の高いものを追加しようと思っています。

補光用の照明は、ファイブプラン クリアライト フリー CL345を天井部分に設置しました。電球型蛍光灯タイプなので、各社から出ている太陽光や紫外線ライトなどいろいろな電球に対応できそうで選びました。

これでとりあえずひと通り機材が揃いました。初めての冬越しになるので不安はつきません。なんとか無事、冬が越せるといいのですが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする