無線LAN2

忙しくて延び延びになっていた、実家の無線LAN設定に行ってきました。
実家のPCは、Fujitsu FMV-BIBLO NH28Dで、内臓の無線NICはBroadCom製。かんじんの無線LANは、BUFFALOのWHR3-AG54/Pでした。
確かにいろいろと試していたらしく、ファイアウォールなどの設定は出来ていました。逆に何故これで繋がらないのか不思議なくらいでした。
とりあえずデバイスマネージャで、無線NICがちゃんと認識されているか確認。正常に動作中のようだ。
続いてネットワークのプロパティで無線のプロパティを見てみると、「利用できないネットワーク・・・」の表示がでてる。ベンダーのユーティリティがある場合はそっちを使えと言っているようだ。
よーく探してみるとBroadComユーティリティというクライアントソフトが起動中だった。が、ユーティリテ上でも「参加できるネットワークがありません」と出てる。「利用できるアクセスポイント一覧」では、ちゃんとBUFFALOのアクセスポイントを表示している。
と言うことはWindowsとBroadComユーティリティの両方が起動しているから悪いのか?ためしにBroadComユーティリティを停止してみる。が、変化なし。無線接続できない。
なぜだ~!!もう一度最初から見直してみよう。
ユーティリティ上でアクセスポイントは認識しているからハードウェアには問題はない。ただネットワークに参加できていないと言うことだ。
で、いろいろ見直していると「WINDOWSのワイヤレスネットワーククライアントで制御する場合はWZC (Wireless Zero Configuration) を使用してください」と言う内容の表示があった。
WZCってなに?検索検索検索・・・。
解りました。WZCとはWindowsXPのサービスの一つで、「優先度の高いワイヤレス ネットワークが利用可能になったときには、自動的にこのネットワークを選択して接続する」ものらしい。つまりこのサービスが起動していないと、ワイヤレスネットワークに接続できないと言うことだ。(と、思う。間違ってたらごめんなさい。)
サービスの管理画面を見ると、案の定WZCは「無効」になっていた。「開始」にして設定を「自動」に変えておく。
やりました。繋がりましたよ。あとは暗号化の設定をしてケーブルを片付け作業終了。
いや~、一時はどうなるかと思いましたが無事繋がってよかった^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする