AVATAR_DVD盤を見てみた

アバター [初回生産限定] [DVD]DVDが発売されたので、やっと「AVATARアバター (DVD版)」を見てみました。アカデミー賞授賞式でもあれだけ話題になっていたので気になっていた作品です。

感想は・・・これはおもしろい!
最近見た映画の中では、久しぶりに良くできた作品だと思いました。
ストーリー自体は、SF系、ファンタジー系のよくある感じで先読みできてしまうんですが、逆に言うと王道の安心感が有ります。テンポが良く中弛みしない為、3時間近い時間を感じさせず一気に見れてしまいます。

すでに2回見てしまいましたが、又観たくなる作品です。ただ3時間は長い・・・。愛車のBNR32で3時間ぶっ飛ばせばどこまで行けるだろうかと考えてしまいます。

TVモニターをTOSHIBA REGZA 37Z9500にして、映画も綺麗に見れるようになったのは嬉しいのですが、地デジの映像と比べるとDVDの映像が滲んで見える・・・。これは気になりだすと結構気になります。ブルーレイだとこの辺が違うのでしょうか?録画はTOSHIBA REGZA
37Z9500
本体でフルHD録画出来るので、ブルーレイの単体プレーヤーが欲しくなってきます。(先立つものもないのに)^^;

コメント

  1. 映画「アバター 3D 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります ※追記あり

    映画『アバター 3D 字幕版』を本日、前夜祭上映で観て来た。
    採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。
    一言でいえば、”古典的なストーリーを最新デジタル3Dで楽しむSF映画”とでも言おうか。
    なにせ上映時間が162分と言う意味でも超大作だが、腰が抜けるほどビックリして面白いかと言うと、腰は座って痛くなるだけ。物語も基本部分は古典的だし、途中でトイレに行く人も多かったし、寝ている人もいたほど。
    3Dも言う程に大したことは無い。ただ見る価値があるとすれば、モーションキャプチャの新技術…