MacBook Air用にインナーケースを購入


photo credit: fRandi-Shooters via photopin cc

MacBook Airを使い始めて、セッティングが進むと持ち運ぶことも多くなってきました。PC用のカバンではないので、裸で入れていると傷がついたり、衝撃を与えてしまうことが気になります。

そこでMacBook Airの保護用にケースを購入しました。

ケースの種類

持ち運び用のインナーケースにするか、本体に取り付けてしまうカバータイプのシェルケースにするか迷いました。

【インナーケース】

インナーケースは文字通り、鞄の中に入れるケースです。MacBook Airをケースに入れてカバンに収めます。クッション性の良い物が多く耐衝撃性に優れています。
デメリットは、かばんに入れる前に更にケースに入れる、取り出すときもかばんから出し、更にケースから出すという手間が増えること。MacBook Air使用中は、結局裸なので汚れや落下には全く無防備になることです。

【シェルケース】

シェルケースは、MacBook Air本体に直接取り付けてしまうため、取り出しの手間が省けます。専用設計ですので、取り付けたままで開閉可能で、各種端子も問題なく使えます。常時付けたままですので、汚れや衝撃にも安心です。
デメリットは、先ず見た目です。MacBook Airの美しい外見が変わってしまいます。持った時の手触り、質感も変わります。透明のシェルケースをつけても違和感は隠せません。
また、使い込んでくるとシェルケースには傷がつきますので、見た目は汚くなっていきます。(安心して傷や汚れを気にしなくなる)

インナーケースを購入

今回は、インナーケースタイプのSANWA SUPPLY Mac Book Air用プロテクトスーツ(11.6インチワイド) IN-MAC11BKを選択しました。

手間は増えますが、専用設計なのでサイズはぴったりで、かばんに入れた時の膨らみも気になりません。
クッション性がよく耐衝撃性が高いので、どんな種類のカバンに入れても安心です。

SANWA SUPPLY Mac Book Air用プロテクトスーツ(11.6インチワイド) IN-MAC11BK

IMG_0871
IMG_0872

・外観

IMG_0873
IMG_0874

・MacBook Air入れてみた

IMG_0875
IMG_0877

奥まで入れた状態で、約1㎝ほど余裕があります。

IMG_0879
IMG_0880

カバンに入れてみた

幅40㎝のカバンに入れてみた。

IMG_0881
IMG_0882

まとめ

思った以上にサイズピッタリで、フィット感も抜群です。出し入れもスムーズで、引っ掛かりやキツすぎるということもなく、ストレスを感じさせません。

逆さまになった時の滑り落ちが気になるところですが、よほど絶妙な力加減で逆さまにしないとありえないと思います。使い込んでツルツルになってきた頃は、怪しいですが・・・

シェルケースのように付けっぱなしと言うわけではないので、使う時は見た目も良いし、扱いも気をつけるようになります。

探している時、Amazon.comのランキングで1位になっていました。値段もお手頃でお勧めです。

Amazon モバイル
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 12.7 MB
カテゴリ: ライフスタイル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする