Appleアフィリエイトプログラムにやっと通過した


photo credit: Stéfan via photopin cc
一時は諦めようかとも思ったAppleアフィリエイトプログラムの審査、どこが悪いのかさっぱり分からなかったが、3回目でやっと通過出来たので、手直ししたところなど記録しておきます。

どこが悪いのかが解らない

一番の問題は、審査に落ちた理由がはっきりと解らないこと。
WEBLOG: Appleアフィリエイトプログラム審査に落ちた

残念ながらウンヌンと申請に落ちたメールの理由が、ただのテンプレ張ってあるだけで自分のサイトがどの項目に抵触しているのかすらわからない。
最悪、「アップルの単独裁量にて、不快または不適切と見なす場合。」の項目が原因だったら、もうどうしようもないわけです。

それでも対策してみた

最初に落ちてから考えたのは、「サイトのビジターに対して、オンラインプライバシーポリシーを明確に掲載していない。」の項目。確かに何もしていなかった。
検索して調べてみると、やはりこの項目の対策をして通過したという方が見受けられた。
いろいろ調べてみて、拙いながらもプライバシーポリシーらしきものを設置してみた。
そして2回目の申し込み・・・
結果は、「残念ながら・・・」(泣)
もうね、何が悪いのかさっぱりなんですよ。ここで1度心が折れて、1週間ほど放置してました。

3回目の正直は本当か

半ば諦めてはいましたが、チラホラと審査落ちに関する検索をしていると、「もしかしてこれか?」と気になるキーワードを見つけました。
JB関係のワードが入っているとダメらしい。
おそらく、審査を人力でやってるとは考えにくい。キーワードなり画像なりをある基準でロボット検索している可能性があり、そこでJB関係やAppleにとって不利益となるワードを含んだサイトは一律に弾かれているのではないかというものだった。
そこで、以下の修正して3回目の申し込みをした。

  • JB関係のワードを含む記事を修正又は非表示にした
  • Apple製品の記事で、AppleのHPと同じような画像を別の画像に差し替えた
  • プライバシーポリシーの見直し

結果の通知は、驚くほど早かったです。
昼過ぎくらいに申し込みをしていましたが、その日の夜には返事がきました。
「iTunes: アフィリエイトプログラムへようこそ」と・・・
3回目でやっと通過しました^^
JB関係のワードで日本語の修正し忘れがあったため、どうかなと思っていましたが、無事通過しました。英語表記で引っかかっていたのか??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする