GaragebandのComplete collectionが無料になってた!

GB_cc_free_eye

現行のGaragebandは、アプリ内課金で500円のComplete collection of GarageBand Instruments and soundsを購入しないと、全ての音源が使えませんでした。

ひっそりと無料に!

Garagebandがバージョンアップした時に、旧バージョンで作成したファイルが開けない状態になりました。
開こうとするとComplete collectionの課金購入を促されていました。

WEBLOG: Garagebandを更新したら再生出来なくなった

課金に躊躇していましたが、ふとAppStoreのGaragebandページを見ていると「無料」の文字が!

GB_cc_free
AppStoreのGarageBandページ。下へスクロールして・・・

GB_cc_free1
「App内での購入」をタップ

GB_cc_free2
「Complete collection of GarageBand Instruments and sound」に無料の表示が!!

特にアナウンスもなく(私が見落としてるだけかもしれませんが・・・)ひっそりと無料になっていました。

すべての音源が使用可能に

GarageBandのグレーアウトしている音源をタップしてインストールをします。
指示通りに進んでインストールを完了させると・・・

IMG_1650

すべての音源が使用可能になりました!

旧バージョンで作成していたファイルも、無事開けるようになりました^^

まとめ

アプリの値下がりや無料化は、AppZappなどの通知アプリで登録していれば分かりますが、アドオンなどのアプリ内課金コンテンツについては分かりません。
セール情報などのニュースが配信されていればニュース系のアプリでチャッチできるかもしれませんが、そもそも配信すらされていないと手動でチェックしていくしかありません。

気になるアドオンなどは、手動で定期的にチェックしておくと良いかもしれませんね。

GarageBand
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 622.8 MB
カテゴリ: ミュージック, ライフスタイル


AppZapp Notify – 販売中のアプリと新しいアプリのためのパーソナルアラート
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 10 MB
カテゴリ: ニュース, ユーティリティ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする