この時期にテーブルヤシから新芽が出てきた

table _eye

窓の外には雪が降る寒さだと言うのに、テーブルヤシから新芽が出てきました。それだけではなく、初めて見る新芽とは違う何かも出てきました。

これってなに?

周りにつぶつぶ状のものが付いています。明らかに通常の新芽とは違います。

table (01)
植え替え後、生き残った1株。寒さで葉も傷んでいます。

table (02)
なぜか年末頃から、新芽が数本出てきました。その中の1本が、あきらかに違っています。
表面につぶつぶ状のものがついています。初めて見ました。

table (03)
数日後、場所を変えてじっくり観察。

table (4)
数日前より新芽も伸びています。

table (5)
明らかに通常の葉になる新芽とは違います。何なんでしょうね?
まさかこれって蕾?それとも実でしょうか?

エアコンは入れてますが、窓の外は雪が降るこの季節に花や実ができるものなんでしょうか?

テーブルヤシ 実 – Google 検索

画像検索してみると、どうやら蕾のようです。
テーブルヤシは雌雄異株ですので、1本だけだと結実はしません。

まとめ

テーブルヤシはヤシとは言っても、わりと高地に生息する種類らしく、比較的涼しいくらいの気温が適正温度のようですね。
その影響か、この時期に蕾が出ることもあるのだろうと納得してみます。

正直、納得はできませんが実際に起こっていることなので、納得せざるを得ません。

観葉植物は、基本的に熱帯性植物がほとんどだと思っていましてたが、こんな季節でも驚きの姿を見せて楽しませてくれますね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする