SublimeText3のクリップボードコピー履歴から貼り付けする方法

コピー&ペースト機能は、ブログに限らず文章を扱う上では、頻繁に使う機能だと思います。
SublimeTextに便利な機能があったので、紹介してみたいと思います。

クリップボード拡張

私の場合は、ブログがメインですが、SublimeText3で文章を打つとき、複数の単語や文章をコピーしたい場面があります。

リンクなどタイトルと URL をコピー&ペーストしたい時、タイトルをコピーしてペーストして、また戻って URL をコピーしてペーストして・・・を繰り返すのはとても面倒です。
クリップボード拡張アプリを入れている方も、多いと思います。私も入れています。

CopyClip – Clipboard History Manager
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 1.7 MB
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

Paste – smart cloud clipboard & snippets manager
価格: ¥600(記事公開時)
サイズ: 11.4 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

CopyClip 2 – Clipboard Manager
価格: ¥840(記事公開時)
サイズ: 2.9 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

クリップボード履歴の管理だけでなく、スニペット機能があるものもあったりして、機能が充実しているものも多いです。
よく使う単語や定型文的なものを登録させておくと、便利ですね。

非常に便利な専用アプリなのですが、実際に選び出すと、なかなか満足できるアプリがなかったり、満足できても有料版のみで効果だったり、設定が難しかったり、更新が止まったりすることもあります。

調子よく軽快に文書を打ってるときって、逆に豊富な機能はいらないから、シンプルでレスポンスの良い機能が良かったりします。

そんな機能が、実は SublimeText3 にあったんです。

paste_from_history 機能

SublimeText3 に標準で搭載されている、クリップボード履歴から選択してペーストするための機能です。

呼び出し方は、SublimeText3 の キーバインド設定ファイルを見るとわかります。

Sublime Text > Key Bindings を開くと、各種コマンドのショートカットキーの割当てが確認できます。

この部分。

paste_from_history のキーバインドが確認できます。

表記の ”super” は、⌘ command のことです。

ショートカットは、2種類用意されています。

  1. command + k → command + v

  2. command + option + v

2 のほうが覚えやすいので、このショートカットばかり使ってます。

このコマンドで表示される履歴の数は、過去15個分です。

これだけあれば、そうそう困ることもないと思います。

全体の流れは、こちら↓

gifにすると少し遅く感じますが、実際はキビキビ動いています。

まとめ

数あるアプリの中から、お気に入りのアプリを見つけ出すのも楽しいですが、単純にレスポンス良く作業を進めたいときは、SublimeText3 の標準機能で十分だと思います。
必要最小限の機能ですので、レスポンスが抜群です。

機能豊富なアプリは、スニペットや定型文などの保管庫にしておく使い方が便利かなと思います。

CopyClip – Clipboard History Manager
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 1.7 MB
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

Paste – smart cloud clipboard & snippets manager
価格: ¥600(記事公開時)
サイズ: 11.4 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

CopyClip 2 – Clipboard Manager
価格: ¥840(記事公開時)
サイズ: 2.9 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする