魚の目・角質対策の秘密兵器!Solingen Pedi(ゾーリンゲンペディー)を知ってる?

魚の目・角質って、最初は良くても、放っておくと痛いですよね。普段からケアをしていれば、出来難いらしいのですが、何もない状態のときって気にしてないので、出来てしまってから苦しむことはよくあります。
出来てしまってからの対策って、どうしてますか?

魚の目・角質対策グッズ

出来てしまった魚の目や角質の対策としては、幾つかの方法があります。
代表的なものを幾つか紹介します。

薬剤

いわゆる塗り薬や魚の目パッチなどのこと。

初期の段階でケアするなら、塗るだけなので簡単に対策できます。

出来て時間が経ち、固くなっている状態では、効果は余り期待できません。

リムーバー

いわゆるヤスリのように、固くなった角質を削り落とすタイプのものです。
お手軽な手動のものから、家電メーカーから電動リムーバーも発売されています。

oom: 1;overflow: hidden;”>

カッターやカミソリなどの刃物を使うわけではないので、安全でお手軽にケアすることが出来ます。

魚の目状に固く、根が深くなり、痛みを伴っている場合は、削る段階で痛みが加わる可能性があり、また時間もそれなりにかかる場合があります。

カッター・カミソリ

時間が経ち固くなってしまった角質や魚の目は、薬剤だけでは効果が薄く、完治にも時間もかかるので、物理的に削り落とす、もしくは切ってしまうのが効果も高く即効性もあります。

以前は、角質・魚の目の専用品も少なく、普通のカミソリやカッターなどを使いうこともありましたが、普通のカミソリやカッターなどは、簡単に手に入る反面、使い勝手が悪く、怪我をしやすくなります。

専用品は、足裏などでの仕様を念頭に考えられているため、切りすぎを防止し、安全面も配慮されているので安心して使えます。

Solingen Pedi(ゾーリンゲンペディ―)

ドイツ Solingen(
ゾーリンゲン)社製の角質カッターで、おそらく専用品としては、元祖に近いものではないでしょうか。

各社類似品が出ていますが、形状はこの Solingen Pedi を真似いるものが、ほとんどだと思います。

専用のカミソリ刃を使いますが、それまでのカミソリやカッターとは違い、切り過ぎ防止対策を施した安全性の高い専用品になっています。

使い方に慣れてくると、足裏など見えにくい場所でも、極端に言うと全く目で確認することなく、切ることも可能です。

開封

新品ではないので、海宮乃木というほどでもないのですが、箱と中身を紹介。

外箱

中箱を引き出したところ

内容物

  • 本体
  • 替刃(10枚)
  • 取扱注意事項

本体

裏面

構造としては、大工道具の ”かんな” みたいな作りですね。

Solingen Pedi(ゾーリンゲンペディ―)の使い方

使い方というほどではないですが、使っている様子を動画にしてみました。

※閲覧注意です!!おっさんの汚い足が映っています。

まとめ

専用品は、安全性が段違いです。
それまでは、カッターなどを使って、足裏の見えないところは無理な体勢から、それでも見えないところは感で削っていました。
失敗してザックリ切ってしまうことも・・・

類似品も多く見られますが、ドイツ製の精密さも安心の理由ですね。

oom: 1;overflow: hidden;”>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする