ヒメモステラの水挿しをハイドロカルチャーで植え付けた

monstera_hydro_eye

水挿しにして根はすぐに出たけど、芽がなかなか出なかったヒメモステラを、やっと植え付けしました。

ハイドロカルチャーで植え付け

今回も室内に土は持ち込まないという自分ルールに従い、ハイドロカルチャーでの植え付けです。
今回はセラミスを使って植え付けしました。

monstera_hydro (1)
植付け直後。

セラミスはハイドロカルチャー用の用土の中で、最も自然な土に近い焼成土だと思います。
自然の土に近いためか、植物の成長も最も旺盛になるようです。

欠点としては、長期間使用すると粒が崩れてしまい、泥のように目詰りを起こすようになります。
定期的な植え替えが必要ですね。

monstera_hydro (2)
植え付け後2週間経過。

気温が涼しくなっているためか、ほぼ変化ありません。
枯れもしないかわりに、成長もしません。

monstera_hydro (3)
根は伸びてきているようです。
水差していた時の水根から、用土に適した普通の根が伸び始めています。

用土に適した根が出始めると、一安心ですね。

monstera_hydro (4)
よく観察してみると、新芽にも若干の変化がありました。
少しづつですがですが、新芽も出てきているようです。

monstera_hydro (5)
残りの1本も、新芽の素が膨らんできているようです。

まとめ

9月に入って、一気に涼しさが増し、秋めいてきました。
この時期の植付けはハッキリ言って遅いと思いますが、無事根付いてくれることを願います。

モンステラは、本来丈夫な植物のはずですので、そうそう枯れることはないと思いますが、置き場所などの日常管理も気をつけたいですね。

熱帯植物なので厚さと日差しには強いと思っていましたが、実際は鬱蒼としたジャングルの中で育つため、強い日差しは苦手です。
特に植え付け直後は、直射日光の当たらない部屋の奥のほうで、風通しの良い所において管理します。

ポトスやモンステラなどの蔓性植物が増えてきました。
本当は樹木が好きなので、新しい種類を何か増やそうか思案中です。

GreenSnap
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 91.1 MB
カテゴリ: 写真/ビデオ

Koubachi -大切な植物ごとのケアアシスタント
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 44.7 MB
カテゴリ: ライフスタイル, ユーティリティ

スポンサーリンク







シェアする

フォローする