【Mac】覚えておくと便利!よく使う基本的なショートカット

各アプリを使う時、それぞれ便利なショートカットが割り振られていますが、Mac 自体にも、デフォルトで各操作にショートカットが割り振られています。
私がよく使っている、覚えておくと便利なショートカットを紹介します。

よく使っているショートカット

私が個人的によく使っているショートカットですので、基本的なものばかりで、「知ってるよ!」というものがほとんどだと思います。

Mac の標準機能の操作、文章を打つときのカーソル操作を紹介します。

Macの機能呼び出し関係

Mac の標準機能を操作するショートカットです。

Spotlight検索

Spotlight検索窓の呼び出しです。

command ⌘ + スペース

スクリーンショット

スクリーンショットは、全体のキャプチャか、部分キャプチャを使っています。
専用のアプリもありますが、私は普段から、Mac の標準機能を使っています。

画面全体をキャプチャ

shift ⇧ + command ⌘ + 3

部分キャプチャ

部分キャプチャの方法は、2種類あります。
ウインドウ全体をキャプチャするか、ドラッグで指定した部分をキャプチャする方法です。

ウインドウをキャプチャする
  1. スクリーンショット機能を呼び出す。
    shift ⇧ + command ⌘ + 4
  2. スペースを押す。
    カーソルがカメラのマークへ変わります。
  3. カーソルを撮影したいウインドウに重ねる。
    選択されたウインドウが、ブルーアウトします。
  4. クリックすることでシャッター(撮影)する。

optionを押しながらクリックすると、背景のシャドウ(影)がない画像になります。

ドラッグ指定部分をキャプチャする
  1. スクリーンショット機能を呼び出す。
    shift ⇧ + command ⌘ + 4
  2. 撮影したい場所をドラッグで選択する。
  3. ドラッグの指を話すことでシャッター(撮影)されます。

文章打つときの操作関係

エディタなどで文章を打つときに使っている、ショートカットです。

カーソルの移動

カーソルを移動するには、各矢印十字キーを使いますが、一文字ずつしか移動できません。
移動を便利にするショートカットです。

上下左右の端まで移動する

  • 文章全体の上  command ⌘ +
  • 文章全体の下  command ⌘ +
  • 行の左     command ⌘ +
  • 行の右     command ⌘ +

部分的に移動する

  • 左側1単語     option ⌥ +
  • 右側1単語     option ⌥ +
  • 上向きに1段落   option ⌥ +
  • 下向きに1段落   option ⌥ +

文字の選択

キーボードでの文字選択の基本は、shift ⇧ + 各方向の矢印キーで文字を選択しますが、便利なショートカットがあります。

上下左右の端まで選択する

  • 文章全体の上  command ⌘ + shift ⇧ +
  • 文章全体の下  command ⌘ + shift ⇧ +
  • 行の左     command ⌘ + shift ⇧ +
  • 行の右     command ⌘ + shift ⇧ +

部分的に選択する

  • 左側1単語     option ⌥ + shift ⇧ +
  • 右側1単語     option ⌥ + shift ⇧ +
  • 上向きに1段落   option ⌥ + shift ⇧ +
  • 下向きに1段落   option ⌥ + shift ⇧ +
option ⌥を押したまま、続けて矢印キーを押すことで、単語単位・段落単位で追加出来ます。

文字の削除

文字の削除は、カーソル左側の1文字を消すだけではないんです。

  • カーソル左の1文字を消す   delete
  • カーソル右の1文字を消す   
    fn + delete または control + delete
  • カーソル左の1単語を消す   option ⌥ + delete
  • カーソル右の1単語を消す   
    option ⌥ + fn + delete

文字の変換

文字の変換にまつわるショートカットです。
”ことりえ” ”Google日本語入力”、どちらでも使えるものを紹介します。

再変換

一度確定してしまった文字を再変換できます。

  1. 再変換したい文字列を選択します。
  2. かなを2回押します。

英数 ⇔ かな 変換

”英数”で入力したいのに、間違えて”かな”入力してしまった。逆に”かな”入力のつもりが”英数”で入力してしまった場合でも、変換することが出来ます。

  • ”英数”入力を”かな”へ変換  かなを2回押す。
  • ”かな”入力を”英数”へ変換  英数を2回押す。
変換確定後では、効きません。

まとめ

Mac使いなら知ってて当然の基本的なものばかりですが、覚えておくとブログなど文章を書く時に、とても重宝するものばかりです。

慣れてしまうとショートカットなしでは、かなり効率が落ちてしまい、イライラしてきます。
集中して打っていると、無意識のうちに、手が勝手にショートカットの位置に動いて使っています。

職場のWindows機で、イライラしてしまったり・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする