【衝動買い】Amazon Echo の招待リクエストに申し込みました【スマートスピーカー】

最近各社からスマートスピーカーが、相次いで発売されています。
使ってみたいけど一般に普及しだしたばかり、いわゆる創生期の製品に手を出すのは、人柱感が半端なく、躊躇していましたが、超お手頃価格の製品が気になって仕方ありません。

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、音声対話による操作を可能とするAIアシスタント機能を搭載したスピーカーで、AIスピーカーとも呼ばれています。

現在では、スマホも普及し、インターネットを経由して音楽や調べ物、買い物など色々なサービスを利用しています。
常時携帯しているスマホで、手軽に便利に利用できますが、タッチ操作やキーボード入力をするというワンクッションが必要になります。
スマートスピーカーを使えば、タッチやキーボード入力をするよりも早く、話しかけるだけで簡単に操作ができるようになります。

調べ物も話しかけるだけで可能ですし、音楽も気分に合わせて「楽しい曲」や「落ち着いた曲」など、雰囲気を伝えるだけで流してくれます。
クラウド対応のものがほとんどなので、使えば使うほど学習して、自分の趣味や好みの傾向に合わせてくれるようになります。

また、調べ物や音楽だけでなく、対応している家電の操作や例えば、入浴中シャンプーがなくなってしまったら、濡れているし、あとで注文しておこうと、そのときは思うのですが、入浴後には忘れてしまい、つぎの入浴時になくなっていることに気づいて、頭を洗えなかったなんてこともあります。
スマートスピーカーがあれば、気づいたその場で「シャンプー注文して!」と話しかければ、注文が完了してしまいます。

どれがいいの?

スマートスピーカーは、AIアシスタントを要する大手インターネット企業が、続々と開発しています。
各社それぞれ独自の特徴を打ち出しています。

Google Home

Googleが提供するスマートスピーカーです。

  • AIアシスタントは「Googleアシスタント」。「OK、Google」もしくは「ねぇ、Google」で応答します。
  • 音楽は、Spotify、Google Musicなど。
  • Chromecast と連携して、動画も音声で操作できます。
  • Googleアカウント6人分登録可能で、音声を聞き分け、「今日の予定」を尋ねると、その声の人のGoogleカレンダーの予定を教えてくれます。登録していない人が質問しても教えくれません。
  • 複数台設置で遠隔操作に対応。(リビングから寝室の照明を操作したり)

LINE Clova WAVE

メッセージサービスの LINE が開発したスマートスピーカーです。

  • AIアシスタントは「Clova」。
  • 音楽は、LINE MUSIC。
  • LINEのメッセージを音声で入力送信、受信メッセージを読み上げ可能。
  • 赤外線機能搭載。赤外線リモコンを音声で操作できます。
  • バッテリー内蔵のため、移動・持ち歩きが可能。

Amazon Echo

amazonが開発したスマートスピーカーで、各社がこの分野に乗り出す引き金となった存在です。
本家の米国では、液晶搭載型やカメラ付きなどもありますが、現時点では、日本国内向けには、音声対応モデルのみの販売となっています。

  • AIアシスタントは「Alexsa」。
  • 音楽は、Amazon Music、Amazon Music Unlimited、また、dヒッツなど他の配信サービスにも対応。今鳴っている曲の曲名、アーティスト検索にも対応。
  • ただのBluetoothスピーカーとしても動作可能。
  • Googleカレンダーと連携し、予定の読み上げ、新規予定の追加も可能。
  • 外部アンプへの出力あり。
  • 音声のみでAmazon商品の注文が可能。
  • 現時点では、サードパーティ他社連携(スキル)が最も豊富。

Apple HomePod

Appleが開発中のスマートスピーカー。

2017年にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売予定だが、現在、日本での発売時期は、未発表。

AIアシスタントは、「Siri」という以外、詳しい内容は明らかになっていません。
特徴的な目玉機能が何になるのかは、まだわかりませんが、音質の向上に力を入れているようです。

HomePod、家庭での音楽の楽しみ方を再発明 – Apple (日本)

Amazon Echo 招待リクエスト申し込み

スマートスピーカーには、正直、それほど必要性を感じていませんでした。
スマホとBlutoothスピーカーがあれば、ほぼ同じことが出来ているじゃないかと思っていたので。

では、なぜ唐突に購入しようと思ったか。
ズバリ価格です。

今回発表された Amazonn Echo の特徴の一つに、他社製品と比べて価格が安い、ということがあります。
それぞれの製品に、独自の特徴を持たせてはいますが、基本的な性能はどれも同じようなものだと思います。
その中で、同性能でありながら、他に比べて格段に安価で購入できるというところに、触手が動きました。

しかも商品ページのこの写真。

私が使っているアンプと同じものじゃないですか!

AVアンプYAMAHA RX-A775を購入した

その上、予約受付期間中という期間限定ですが、プライム会員だとさらに2,000円OFFという特典付き。
一番安い Amazon Echo Dot なんて、通常5980円とただでさえ安いのに、特典で3980円ですよ!

今年プライム会員になっていた私は・・・もうAmazonの思うツボ、ガッツリ釣られましたよ。

気がついたら、Amazon Echo Dot 招待リクエストに申し込みしていました。
(現在、招待リクエストをして、招待メールを受け取った方のみ予約注文ができるようです。)

このまま勢いで、プライム特典月額380円の Amazon Music Unlimited にも、申し込みそうで怖い・・・

スポンサーリンク







シェアする

フォローする