2017年ベストバイ!今年買ってよかったもの7選

年末恒例の今年買ってよかったものシリーズ、今年もやってみたいと思います。
使えるもの、全く使わなくなってしまったもの、色々ありました。

ベストバイ7選

ベストバイ5選くらいで選出しようと思っていたのですが、選びきれず中途半端な数になってしまいました。

1byone WIRELESS SPORTS EARPHONE

イヤホンケーブルから開放されたくて購入した、初めてのワイヤレスイヤホンです。
有線と比べて音質が落ちるのではと懸念していましたが、実際は極端な差もなく、通勤などで使うには十分な音質で、毎日愛用しています。

ケーブルから解放!Bluetoothイヤホンを購入した

それまで使っていたイヤホンは、PHILIPS SHE9700audio-technica ATH-CKR5でした。

音質は、個人的には
audio-technica ATH-CKR51byone WIRELESS SPORTS EARPHONE>>>PHILIPS SHE9700
といった感じです。

1byone WIRELESS SPORTS EARPHONEPHILIPS SHE9700 は、中高音よりの音がよく、低音は抑えめになっていて、女性ボーカルものやジャズなどに向いています。
似た性格の音質ですので、その差は非常にわかりやすいものでした。

audio-technica ATH-CKR5は、重低音重視の音質で、低音の量感が大きく感じます。
音質そのものは、低音強めでマイルドに感じますが、解像度はそこそこ高く篭った印象は受けません。
ただ、個人的な好みで中高音のクリアな音質が好きなので、やや評価は辛口になっています。

PURE RISE フラットインクラインベンチ

ホームトレーニーでジムに入ったことすらないので、機材も全て自前で用意しなければなりません。
新たな種目を導入したくなり、前々から欲しかったインクラインベンチを購入しました。

ついにインクラインベンチを導入した

今まで使っていたベンチも、かなり使い込んでヘタリが出ていたので、通常のフラットベンチとしても十分使えるように、コスパがよく強度も十分で評判の良い PURE RISE フラットインクラインベンチを選びました。

Nikon D40 & D7000

ミラーレス一眼の Sony NEX5R を使っていましたが、もっと本格的なマニュアル設定での写真撮影ができる一眼レフが欲しくなり購入。

10年以上前の隠れた名機!デジタル一眼レフカメラ Nikon D40

最初の1台ということで、手頃な価格でありながら隠れた名機!と謳われるデジタル一眼レフカメラ Nikon D40 を手に入れました。
動画撮影機能はなく、完全な写真用で使っています。

加工無しで、Fマウントのオールドレンズが装着できるので、マニュアル + オールドレンズの組み合わせでフィルムカメラ感覚で使っています。

もう1台は、記事にはしていなかったのですが、Nikon D7000 の中古を手に入れていました。
こちらは、写真だけでなく動画撮影も撮れるので、動画の2カメ体制用にも使っています。
今度、記事にして紹介したいと思います。

SLIK SprintHD & MONOPOD STAND

三脚何本持ってますか?
カメラを始めると、どうしても必要になるものの一つです。
天体写真やタイムラプスなど、長時間撮影のときには必要ですし、風景写真や接写撮影でもあるととても便利です。

今年は、用途に合わせて、新たに2本の三脚を購入しました。

コンパクトで使いやすいけど全高もそこそこ稼げる三脚 SLIK SprintHD

持ち運びもできて、高さも稼げる三脚が欲しくて購入。まっすぐ立った状態で、アイレベルの高さ位は確保できます。
当初、使うことはないかなと思っていた俯瞰撮影も、意外と使えて便利。

サイズも価格もお手頃!一脚兼簡易三脚【amazon.co.jp限定】SLIK MONOPOD STAND

観葉植物や物撮りなど、室内での撮影用に、省スペースで取り回ししやすい三脚が欲しくて購入。
実際に使ってみると、一脚兼三脚なので安定性には欠けますが、高さも十分あり設置スペースが極狭で良いのでとても使いやすいです。

安定性は、室内ですのでテーブルだったり椅子だったり、家具に近接しておけば転倒の心配はありません。
今では、室内での撮影には、ほとんどこればかり使っています。

Solingen Pedi

体のメンテナンス用品から、魚の目・角質専用カミソリを購入しました。

魚の目・角質対策の秘密兵器!Solingen Pedi(ゾーリンゲンペディー)を知ってる?

おそらく小学生くらいの頃、実家か親戚宅で使っているのを見た記憶がありました。
当時は、何をしているのか、さっぱり分かりませんでしたが、革靴を履くようになって分かるようになりました。

いろいろ試した結果、ドイツ製の Solingen Pedi にたどり着きましたが、当初形は覚えているのに名前がわからず、探すのに苦労しました。

Macbook Air 2015 CTO

それまで、2013年モデルの APPLE MacBook Air MD711J/A を使っていたのですが、吊るしモデルの最低スペックでは、さすがに動作が重く、普段の作業に支障をきたすようになってきました。

【Apple】MacBook Air 2015 CTOモデルを手に入れた!【中古】

更新するにあたって Macbook Pro にするか、スペック重視でフルスペックモデルにしてメイン機にするかなど、色々と考えました。
結果として、今まで通り、母艦に Mac mini を使い、サブ機としてスペックアップは図るが、持ち運び重視の Air にしました。
11インチモデルですが、CTOモデルですので、CPU、メモリがフルスペックになっているものを、手に入れることができました。

Final Cut Pro X

動画を取り始めて、編集には iMovie を使っていました。
簡単操作でお手軽なのは良いのですが、少し凝ったものを作りたいときには、自由度が低く使いづらい面も出てきました。

とくにタイトルやテロップなどの文字入力の貧弱は、かなりなもので、好きな位置に配置できないと言うのは使い勝手が致命的に悪いです。
本当に”簡単な動画”の作成のみ、と言ったアプリだと思います。

【Apple】ポイントだけで Final Cut Pro X をゲットした!【FCPX】

貯めたポイントを利用して手に入れたので、購入と言っていいのかわかりませんが、Final Cut Pro は、映画や映像制作会社など、プロの現場でも使われている高性能なアプリです。

機能が豊富で、自由度が高いため、まだまだ全然使いこなせていませんが、さまざまなエフェクトだったりアニメーションなどを使えて、プラグインで機能追加も出来る。使っていて、とても楽しいです。

Final Cut Pro
価格: ¥34,800(記事公開時)
サイズ: 3,017.5 MB
カテゴリ: ビデオ, 写真

Tポイントを貯めて購入したのですが、効率よくポイントを貯める方法や Apple store で使う方法も、いつか記事にしようかと思います。



まとめ

吟味して買ったものもありますが、衝動買したもののほうが多いです。高額なものほど、その傾向は強いかもしれません。

高額なものって思いきって、勢いがないとポチれません。
欲しくて吟味して、これかなと目星をつけて、でも高いからと躊躇して、でも欲しくて何度も見ているうちに、ある時、衝動が抑えきれずに、「えぇ~い」と勢いでポチってしまう感じです。

「やっちまった~」と、その時と支払い時は思うのですが、良いものはやはり買ってよかったと思えるので、後悔はしていません。

Final Cut Pro
価格: ¥34,800(記事公開時)
サイズ: 3,017.5 MB
カテゴリ: ビデオ, 写真



スポンサーリンク







シェアする

フォローする