スマートスピーカーAmazonEcho Dotがついに到着!外部アンプへ繋いでみた

招待申し込みをして1ヶ月以上経ち、やっと招待メールが届きました。手元に届いたので早速使ってみました。

スマートスピーカー

最近流行りのスマートスピーカー。
各社から続々と発売され、選択肢も増えてきました。

スマホの世界では、iPhone の Siri と、Googleアシスタントが、すでに浸透していますが、据え置き型のスマートスピーカーを導入するメリットとは何でしょう?

一番のメリットは、「手軽さ」だと思います。

スマホでも十分手軽じゃないかと思われるかもしれませんが、スマホの場合は利用するのにロックを解除したり、画面をスクロールしたりと、何かしらの一手間が必要になります。
スマートスピーカーは、音声のみと割り切ることで、”操作”の手間を省き、音声のみで完結します。

スマホや IFTTT など WEB サービスとの連携で、更に便利になります。

AmazonEcho Dot & Google Home mini

Amazonプライム会員なので、Amazonプライムミュージックを通勤中などによく利用していました。
スマートスピーカーを購入するなら、当然 AmazonEcho ということで、Amazon Echo Dotの招待申し込みをしました。

しかし1ヶ月以上経過しても全く音沙汰がなく、どうしようかと思っていたところに、GoogleHome の割引販売期間最終日が来てしまいました。

招待メール外作るかわからない状況で、待ちきれずにGoogle Home Miniを注文してしまいました。
が、注文した直後に Amazon から招待メールが来てしまいました。

その結果・・・同じ日に届いてしまいました。

開封&動作確認

まずは、当初の目的だった、Amazon Echo DotでAmazonプライムミュージックを聞くところまで、セッティングしてみました。

Amazon Echo Dotから、外部アンプに出力して音をだすところまで確認できました。

外部アンプに接続していると、本体からは音が出なくなるので、アンプを常にAmazon Echo Dotからの入力にしておかないといけません。
別の機器の入力を選択しているときに、Amazon Echo Dotをどう使うかが課題です。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする