ワンタッチなのにコンパクト!自動開閉折りたたみ傘が便利すぎた!

雨対策どうしてますか?天気予報では晴れなのに、ふいに雨が降ったりすることもよくあります。
心配性なのでカバンに折り畳み傘を常備しています。

ワンタッチ式折り畳み傘

最近の自動開閉式折りたたみ傘は、かなり価格も落ち着いてきました。
コンビニで売っている普通の折り畳み傘と、同じくらいになってきています。

以前購入した自動開閉式の折り畳み傘がだいぶへたってきたので、リピート購入です。

今回購入したのがこちら。

☀製品仕様:
   ※傘直径:102cm
   ※傘面:108cm
   ※収納時の長さ:32cm
   ※クリップ部:51mm
   ※骨の数:10本骨
   ※重量:約450g (グラム)

折りたたみ時は 32cm、開いた状態で 102cm のものです。数年前に購入したものより開いたときの大きさが大きくなって、値段はほぼ一緒でした。

このくらいのサイズだと、鞄の底に常時入れておけるので、安心して使えます。

Amazonでの一番人気はこちら。

☀製品仕様:
   ※傘直径:110cm
   ※傘面:118cm
   ※収納時の長さ:31cm
   ※骨の数:10本骨
   ※重量:約436g (グラム)

今回購入したものより、開いたときの大きさも大きく、収納時の長さも短く、重量も軽いですね。

私が購入したものは、タイムセールで購入したので、一番人気のものより安くなっていました。
本当にコンビニで売っている普通の折りたたみと変わらないか、もしかしたら安いかもしれません。

開封の儀


カバーに入った状態


カバーから出した状態


グリップのボタン部分


畳んだ状態から、ボタンを押すと


開きます。


開いた状態で 102cm。100cmを超えていると、折りたたみとしては大きい方で、普通の傘と変わらないくらいの防雨範囲が見込めます。


開いた状態でボタンを押すと


閉じます。


自動で閉じるのは、この段階までになります。


最後は、手で縮める必要があります。

まとめ

最後に手で縮める必要があり、ちょっとコンビニに寄ったりという時には手間ですが、慣れてくると自然とできるようになります。
毎回手で縮めて使うので、置き忘れ防止にもなります。

コンパクトで持ち運びも便利、取り回しやすいので、手放せなくなりました。
バスや車など、普通サイズの傘を持ち運ぶのは、ちょっと大変ですが、このサイズでワンタッチ操作になれると、本当に購入してよかったと実感します。

私のようにカバンに常備派には、おすすめです。

簡単な紹介動画作ってみました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする