【開花】エバーフレッシュに今年も花が咲いた!今年は少し遅めの開花【2018】

近年は毎年開花するようになったエバーフレッシュに、今年も花が咲きました。
今年は例年より遅めの開花です。

3ポットすべて開花

我が家のエバーフレッシュは、現在3ポットあります。

背丈より大きくなった8年目の親株と、剪定時にでた枝を植え付けた子株たちです。

メインの親株

我が家のエバーフレッシュたちの親株となっている最初の株は、2010年にやってきました。

初めて花が咲いたのは、2013年の7月のことでした。

エバーフレッシュの花が咲いた

その後は、毎年花を咲かせてくれています。

子株その1

2015年に親株の枝を一部切る必要があって、切った枝を植え付けたポットです。

時期外れだがエバーフレッシュの水差しに根が出たので鉢上げ植え付けしてみた

こちらは植え付けの翌年から花を咲かせてくれています。

もともと開花実績のある親株から切った枝は、剪定しても植え付けてきちんと根付けば、すぐに花を咲かせるようです。

現在住んでいる部屋は、エバーフレッシュとの相性が良いようで、すくすくと成長しています。

子株その2:水差し株

剪定した枝を発根させようと水差しにしていたのですが、植え付けが面倒で、そのまま3年以上水差しのまま過ごしています。

水挿しにしていたエバーフレッシュから新葉が展開し始めた

3年以上が経過した現在でも、枯れることもなく、毎年花をつけています。

環境さえ合えば、驚くほど丈夫な姿を見せてくれますね。

まとめ

我が家にやってきたときは、10cmほどだった最初の株も、今では自分の背丈を大きく超えて、毎年選定が必要になりました。
幹も太くなって、もう樹木と言って良いくらいになってきました。

ポットに植え付けた子株も成長してきて、来年あたりには、もう出窓に置いておくことができないくらいの高さになりそうです。
大きく育てるか、バッサリ摘心するか悩みどころですね。

水差しの株は、もう根が完全に水根のみになってしまっているので、下手に植え付けせず、このまま水差しで行こうと思っています。
どこまで育つか楽しみですね。