WordPressテーマSimplicity2のアイキャッチ下にアドセンス広告を設置する方法

 

Simplicity2のアイキャッチ下から本文のあいだに、アドセンス広告を設置する方法を紹介します。

カスタマイズしやすいWordpressのテーマ「Simplicty2」で、アドセンス広告を設置するときは、一般的にウィジェットを使うと思います。

ところがSimplicity2には、「アイキャッチ下部」に設置できるウィジェットが用意されていないため、設置を断念したことはありませんか?

少し手間がかかりますが、Simplicity2の設定ファイル「entry-body.php」を編集することで、アイキャッチ下にアドセンス広告を設置することができます。

「entry-body.php」に、アドセンスコードを直接貼り付ける方法と、既存のウィジェットを利用する方法で、アイキャッチ下にアドセンス広告を設置する方法を紹介します。

entry-body.phpを子テーマへコピーする

「entry-body.php」は、Simplicity2の設定ファイルのひとつです。

WordPressの「外観」>「テーマの編集」からSimplicity2の親テーマを見ると、見つけることができますが、親テーマのファイルを直接編集するのは、リスクが高すぎます。

設定が間違っていると、最悪サイト自体が表示されなくなります。

そこで、子テーマに「entry-body.php」を丸ごとコピーして、設定していきます。

親テーマと同じファイルが子テーマにある場合、子テーマの設定が優先されます。
設定を間違えて不具合が出ても、子テーマのファイルを消すと、もとに戻ります。
リスク回避のためにも、必ず子テーマへコピーしておきましょう。

サーバーから「entry-body.php」をダウンロードする

親テーマの「entry-body.php」をFTPツールなどを使って、ローカルディスクへダウンロードします。

サーバーのWordpressをインストールしているフォルダから「wp-content」>「themes」>「simplicity2」を開き、「entry-body.php」をローカルディスクへダウンロードします。

続いて、子テーマのフォルダ「simplicity2-child」の中へアップロードします。

これで子テーマ「Simplicity2-child」の「テーマの編集」画面に、「entry-body.php」が表示されるようになります。

WordPressの「テーマの編集」画面から、「entry-body.php」を編集できるようになりました。

コードを追加する

子テーマ「Simplicity2-child」にコピーした「entry-body.php」へ、表示させたいアドセンスコードを追加します。

設置する場所

「entry-body.php」内のアイキャッチと本文のあいだに当たる場所へ設置します。

ウィジェットや他の設定によって、行番号は変わりますが、以下のコードの直下に設置します。

 <?php get_template_part('entry-eye-catch');//アイキャッチ挿入機能?>

「アイキャッチ挿入機能」を目印に探すと、見つけやすいと思います。

レスポンシブ広告をひとつだけ貼り付ける場合

最も簡単な方法は、レスポンシブタイプのアドセンス広告を作って、設置する方法です。

Google Adsenseの「新しい広告ユニットの作成」画面から「ディスプレイ広告」を選択します。

「広告サイズ」を「レスポンシブ」に合わせて、作成ボタンを押すとコードが生成されます。

「レスポンシブ」を選択して作った場合は、そのまま生成されたコードだけを貼り付けるだけで、スマホ、PCの表示も自動で調整されます。

画像では「スクエア」「横長タイプ」「縦長タイプ」と選択するボタンがありますが、プレヴューのボタンです。
実際の表示では、スクエア型など意図しないサイズのものが、ランダムに表示されます。

スマホとPC画面用で別のアドセンスコードに分岐させるコード

横長タイプのみ表示させたいなど気になる方は、スマホ用アドセンスコードとPC用アドセンスコードをサイズ固定でつくり、分岐させる方法があります。

横長タイプのみ表示させたかったので、スマホ用に728×90、PC用に320×50でサイズ固定のコードを作りました。

phpで分岐させるコードを作り、生成したそれぞれのアドセンスコードを挿入します。

<?php 
if( wp_is_mobile() ){
    // スマホ・タブレットの場合の処理を記述?>

    ここにスマホ用アドセンスコード

<?php }else{ 
    // PCの場合の処理を記述?>

    ここにPC用アドセンスコード

<?php    }
?>

この分岐コードを設置すると、スマホ、PCを判別して、それぞれのサイズで表示してくれます。

分岐させる方法については、こちらの記事で詳しく説明しています。

スマホとPCで表示を条件分岐させる方法はこちら

まとめ

アイキャッチ下に、アドセンス広告を表示させる方法の紹介でした。

子テーマに「entry-body.php」をコピーして、編集することでリスクを回避します。

「entry-body.php」の「アイキャッチ挿入機能」の直下に、アドセンスコードを設置します。

レスポンシブコードの場合は、自動でサイズ調整されるので貼り付けるだけで良いですが、意図しないサイズのものが表示される場合があります。

スマホ用、PC用のサイズ固定アドセンスコードをつくり、phpで分岐させる方法もあります。

Amazonでお得に買う方法

ネット通販の代表格Amazon。Amazonプライム会員に登録すると送料無料の他にも様々な特典がついてきます。

そんなAmazonでの買い物を、さらにお得にするなら、Amazonギフト券への購入チャージをおすすめします。

 

現金でチャージするたびに、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員の方なら是非活用して、更にお得に利用しましょう。

CHARGE NOW

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

1円単位で購入可能

スポンサーリンク

フォローする