コーヒーの木に実が赤く色づいてきた!育成4年目初開花・結実〜その後

 

今年はじめての開花、結実で実をつけたハイドロカルチャーで育てているコーヒーの木。10月になって赤く色づいてきました。

初めて育てるコーヒーの木もすでに4年が経過。今年はじめての開花、結実を迎えました。

実生苗で手に入れたコーヒーの木だったので、結実するにはもっと長い期間が必要だと思っていました。それがわずか4年で開花・結実したのには、とても驚きました。

taks
何種類か育てていますが、我が家ではアグラオネマに続いて2例目です。

観葉植物を育てる醍醐味の一つである開花、それに結実。いつ見ても嬉しくなります。

開花〜結実

最初に動きがあったのは、育成から3年目の2019年です。

コーヒーの木2019年蕾1

葉の付け根部分に、芽が出てきています。

コーヒーの木2019年蕾2

あちらこちらに出てきていましたが、初めてこれを見たときは、これが何なのか分かりませんでした。

2019年は、この状態で成長することはなく終わってしまいました。

そして育成から4年目の翌2020年、ついに開花しました。

コーヒーの木2020年開花1

コーヒーの木2020年開花2

コーヒーの木の花は、小さくて白いかわいい花がいくつも咲き誇るものでした。

taks
実物を見るのはこれが初めてでした。自分の手で育てた植物が開花してくれると、嬉しいものですね。

花が最多だけでも嬉しかったのところに、咲き終わったあと、更に動きがありました。

コーヒーの木2020年結実1

コーヒーの木2020年結実2

花が咲き終わったあとの付け根部分が、膨らみ始めました。

少しずつ大きく膨らんでいき、9月を迎える頃にはあちらこちらに大きくなった実が付きました。

コーヒーの木2020年実1

コーヒーの木2020年実2

コーヒーの木の果実が色付く

秋も深まってきた10月になって、少しずつ身が赤く色づいてきました。

コーヒーの木2020年赤実1

コーヒー飲みは赤くなるというのも初めて知りました。

コーヒーの木2020年赤実2

赤く色付くということは、実が熟れてきたということだと思いますが、特に香りなどはありません。一見いっけんするとベリー系の実にそっくりですが、やはり果物とは違うのでしょう。

まとめ

育成4年目の初開花・結実は、順調に進んでいます。春の開花から秋になり、いよいよ実も色づいてきました。

少し変わった育て方であるハイドロカルチャーでも、花も咲けば実もなるということが証明できましたね。

育て甲斐があって嬉しい限りです。

Amazonでお得に買う方法

ネット通販の代表格Amazon。Amazonプライム会員に登録すると送料無料の他にも様々な特典がついてきます。

そんなAmazonでの買い物を、さらにお得にするなら、Amazonギフト券への購入チャージをおすすめします。

 

現金でチャージするたびに、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員の方なら是非活用して、更にお得に利用しましょう。

CHARGE NOW

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

1円単位で購入可能

スポンサーリンク

フォローする