BNR32のバッテリーがすぐに上がってしまう

 


photo credit: danmachold via photopin cc
最近、BNR32の調子が悪い・・・
バッテリーがすぐにあがってしまう。そういえば前々から予兆はあったような・・・

1週間でバッテリーが終了!?

1週間エンジンを掛けない状態が続くと、セルが回らなくなるくらいバッテリーが消耗してしまい動けなくなる。
去年の秋口あたりから似たような症状はあった。その時は2週間以上動かせない状態が続いていたので、こんなもんかと思っていたが、さすがに1週間持たなくなると話が変わってくる。
バッテリー自体も2月に交換したばかりなので、不良ではないと思う。

原因はなんだ?

最近あまり動かしてはいなかった。乗るときも15分程度で到着するようなところばかりに行くため、長距離、長時間の運転をしていないのも影響しているだろう。
それでも1週間で終了というのは、あまりにも異常すぎる。
我が愛車BNR32もすでに21年落ち。経年劣化で待機電力が予想以上に増えてしまっている可能性もあるし、オルタネーターが劣化しているのかもしれない。
バッテリーのサイズが36B19Rという、標準バッテリーの最小容量なのも関係しているかも・・・

対策してみた

取り敢えずバッテリー交換してみた。
40B19Rに容量アップ。
さすがに36B19Rは、車格に対して小さすぎるだろうということで、基礎体力の底上げを狙ってみた。たぶんこのサイズが本来の容量だと思う。

その結果

取替え後、2週間ほど乗れない時があったが、問題なくエンジン始動できた。
ただ、取替え後結構長距離を走行する機会に恵まれていたので、充電状態がMAXだっただけという可能性もある。
まだしばらくは、気をつけておかないと・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする