ドリップコーヒーの世界へ!コーヒーサーバーを購入した

KINTO_CoffeeServer_eye

凝り性なので我慢していたドリップコーヒーの世界に、とうとう手を出してしまいました。

ドリップコーヒーの世界へ

コーヒーの世界にハマってしまうと、とても深い沼に陥りそうだったので、ずっとインスタントで我慢していました。
長年我慢し続けていましたが、とうとう我慢できなくなり、とりあえず100均でドリッパーとフィルターを購入しました。

コーヒー沼の畔です。

それほどガッツリやるつもりではなかったので、インスタントの延長戦という感じで、カップに直接ドリップする方法で始めました。

しばらくはその方法で楽しんでいましたが、カップに直接ドリップする方法では、量が分からず溢れてしまうことが何度か起こってしまいました。
お手軽さを求めて、カップに直接ドリップしていましたが、溢れると片付けや掃除に手間がかかってしまい、せっかくのコーヒータイムが台無しです。

解決するには、やはり量が確認できるコーヒーサーバーが必要ということで、購入する事にしました。

そうです。コーヒー沼の岸辺です。つま先すでに濡れてます。

KINTO SLOW COFFEE STYLE Coffee server

コーヒーサーバーを選ぶ基準は、いくつかあると思います。

まずは容量。抽出する量に合わせてサイズを決めます。
次に機能。レンジや火の加熱に対応しているかを必要に応じて選びます。
あとはデザイン。やはりお気に入りのデザインというのは、大事ですね。使っていて心地よいし、料理の盛り付けと同じで見た目の良さは、味もおいしくなったように感じます。

今回は、再加熱や保温はあまり考えていないので、デザイン重視で選びました。
耐熱ガラス製で電子レンジに対応しています。

サイズは 600ml です。普段使っているマグカップの容量が 250ml でしたので、2杯分の容量で決めました。

開封の儀

シンプルな梱包です。

KINTO_CoffeeServer001
上部

KINTO_CoffeeServer002
側面1

KINTO_CoffeeServer003
側面2
使い方の説明書になっています。

KINTO_CoffeeServer004
側面3

KINTO_CoffeeServer005
側面4

KINTO_CoffeeServer006
底面

KINTO_CoffeeServer007
本体上部の開口部は、思ったより大きく感じましたが、一般的なドリッパーのサイズに合わせてあるようです。
ドリッパーを乗せるとジャストサイズで、ガタツキがありません。

KINTO_CoffeeServer008
シンプルなデザインで、お気に入りです。

600ml サイズということで、もっと大きいかと思っていたのですが、想像していたより思いの外小さい印象を受けました。

まとめ

カップに直接淹れる時とは違って、サーバーを使うと量や抽出時間の調整が楽にできますね。
結果上手に淹れることができて、よりおいしくなっているような気がします。

この調子で行くと、コーヒー沼にどっぷり嵌りそうで怖いです。

KINTO_CoffeeServer009

お気に入りの道具で淹れるコーヒーは、一段とおいしく感じますね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする