エレキギターにはギターアンプが必要ですよね

G_Amp_eye

DTM用のオーディオインターフェース経由でエレキギターをLogicPro XなどのDAWにつないでしまえば、様々なエフェクトも掛けれるしアンプとして十分機能します。
しかしお手軽さはないため、PC立ち上げDAW立ち上げ、トラック追加して、外部入力切り替え選択してやっと音が鳴らせます。
長い!手間かかり過ぎ!モチベーション下がってしまいますね。
やはりお手軽に弾き始めるにはギターアンプが必要です。

ギターアンプ

ポータブルなものから大出力の大型のものまで、様々な種類がありますが、部屋での練習用であれば、それほど出力は必要ありません。
ポータブルタイプか10〜15W程度のもので充分ではないでしょうか。

ポータブルタイプ

ケーブル入らずで直挿しできる超小型ギターアンプ。乾電池駆動できるので思い立ったらすぐ練習にも良し、ギターケースに常備もできる。

ギターアンプと言えばマーシャル。ギターを触ったことがない人でも名前くらいは知っている超有名メーカー。
マーシャル使っている満足感も味わえる。

オレンジの見た目が可愛い小型アンプ。ドライブもついている。

中出力タイプ

このクラスになると、名門マーシャルの王道サウンドがしっかり味わえます。

楽器といえば YAMAHA。国内産のメーカーでは老舗中の老舗ですね。
USB インターフェイスを搭載していて PC の音源を鳴らしたり、DTM にも対応。DAW ソフトウェアの Cubase AI も同梱しています。

10W とコンパクトながら出力は十分確保されていて、オーバードライブなど基本的な性能は搭載されています。
性能と価格のコストパフォーマンスがとても高いモデル。

今回は中出力タイプの中から、コストパフォーマンスに優れた VOX Pathfinder 10 を選びました。

開封の儀

VOX_PF10_001
外箱

VOX_PF10_002
内容物は、本体と取扱説明書のみのシンプルさ。

VOX_PF10_003
本体正面

VOX_PF10_004
本体上部

VOX_PF10_005
スイッチパネル

VOX_PF10_006
本体背面

VOX_PF10_007
本体底面

ラインアウトからオーディオインターフェイス経由でPCに出力できるので、DTMにも使えます。

まとめ

初めてのギターアンプ選びは、何が良いのか悪いのかも全くわからず、基準も何もない状態なので難しいですね。
結果無難なチョイスになったと思いますが、部屋での練習用には十分満足できるアンプです。
10W といえど部屋で鳴らすにはボリュームを絞らないといけません。

DTMでギター音源をキーボードで鳴らすのには、無理があると思い始めたギターです。ギター音源の出力と練習用での使用がメインですので、お手軽さとコストパフォーマンス重視では、最良の選択だったのではないかと思います。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする