SublimeText3で簡単に連番が入力できるパッケージInputSequence

独自ドメインを取得し、WordPressへ引越したことで、記事や画像の管理もサーバ上に一元化することで、運用が楽になりました。
特に画像を Flickr などの外部ではなく、サーバ上に置くことで SublimeText3 の機能を使って、簡単に記事へ挿入することができるようになりました。

InputSequenceとは

SublimeText の拡張パッケージの一つで、選択箇所に自動で連番を挿入してくれるプラグインです。

SublimeText の標準機能である、複数キャレット(カーソル)の機能を使って、選択した箇所それぞれにキャレットを置き、連番を挿入してくれます。

基本的な使い方などを、こちらのサイトで紹介されていましたので、参考にさせていただきました。

Sublime Text: InputSequence でキャレット位置に連番 :: log.chocolateboard

記事の中でも、更新情報として紹介されていますが、今現在は GitHub の kazu1107/InputSequence で公開されています。

GitHub – kazu1107/InputSequence: Insert the number of the sequential numbers.

詳しいインストール方法だけでなく、詳細な使い方も見ることができます。

ブログ画像を複数挿入するときの使い方

基本的な使い方は、上記のサイトで紹介されています。
ここで同じことを書いても意味がないので、私が普段利用している、ブログへの複数画像挿入方法を紹介したいと思います。

画像のファイル名を連番にする

記事の中で使う画像のファイル名を、連番にしておきます。

ファイルリネームのアプリは、いくつもあると思いますが、私はコチラを使っています。

iMage Tools
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 2.5 MB
カテゴリ: 写真, 仕事効率化

リネームの他にも、リサイズやウォーターマーク(透かし)など、複数の画像を一括で加工するアプリです。

画像をアップロードしてリンク用URLを取得する

連番リネーム完了後、サーバへアップロードします。

アップロードが完了したら、どれか一つ画像リンク用URLを取得しておきます。

SublimeText3でリンクを作成する。

取得した画像リンク用URLを貼り付け、画像の枚数分コピーします。

InputSequence を使って連番入力します。

マークダウン記法でリンクを作成して完了です。

一連の流れを、動画にしてみました。

まとめ

ショートカット多くて最初は迷いますが、慣れてくるととても簡単で、一気に画像リンクが作成できるので、時間短縮にも効果的です。

SublimeText のカスタマイズも進んできて、だんだんと使い易さが増してきました。
たまに別のエディタを使うと、もどかしさを感じる場面も出てきました。

エディタを自分好みに育てている感覚ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする