ストレリチア・ノンリーフが根詰まりの兆候!3年ぶりに植替えた【ハイドロカルチャー】

我が家に迎えて、今年で6年になるストレリチア。
過去に1度植え替えをしていますが、それから3年ほど経過して、かなり根がまわってきたようなので、2回めの植え替えをしました。

ストレリチア・ノンリーフ

子株の頃には判別し難いストレリチア。3年目に、やっとノンリーフと判別できるまで育ちました。

ストレリチア ノンリーフから新芽が出てきた

普通であれば、成長に伴って葉が大きくなっていったり、数多く茂ったりするはずですが、成長するに従って葉が小さくなっていくという、自然の摂理に逆行したような、謎の多い植物です。

ハイドロカルチャーで植え替え

ストレリチアの仲間は、根がとても太いため、鉢植えの場合は、定期的に植え替えをしていく必要があります。

植え替えの様子を、動画にしてみました。

まとめ

ストレリチアは、子株の頃は割りと管理に気を使いますが、ある程度大きくなると極めて丈夫な植物といった印象です。

根の成長が旺盛で、陶器鉢の土植えで、植え替えなどの手入れを怠っていると、鉢を中から割ってしまうほど力強いそうです。
寒さにも強く、0度以下にも耐えるそうで、庭先に植えても十分冬越し可能です。

ただ根の成長が旺盛ですので、一度庭先に植えると移動はかなり困難なようです。

ストレリチア・ノンリーフがどこまで成長するのか興味あるので、今後も成長に合わせて、もう少し鉢増ししていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする