WordPressウィジェットに貼ったアドセンス広告に無駄な余白ができてしまうときの対処法

 

この記事では、ウィジェットを利用してGoogleアドセンスなどの広告を貼り付けたときに、配置調整がうまく行かず、謎の余白が空いてしまう現象の対策方法を紹介します。

WordPressにアドセンス広告を貼り付けるときは、一般的にWordpressのウィジェット機能を使って配置することと思いますが、うまく配置できずに、原因不明の余白が空いてしまうことがありませんか?

アドセンス広告に謎の余白

この現象は、コードを記述するウィジェットに「テキスト」ウェジェットを使用したときに起こります。

「カスタムHTML」ウィジェットを使うと、良い具合に配置できるようになります。

テキストウィジェットを使うと配置が崩れる

WordPressのウィジェット機能を使って、Googleアドセンスなどのスクリプトコードを貼り付けるとき、「テキスト」ウィジェットを使うと、特に指定したはずのない余白ができてしまうときがあります。

アドセンス広告に無駄な余白

このスペースは、GoogleChromeのデベロッパーコンソールを使ってみても、とくにPaddingなどの配置や余白を調整する指定は入っていません。

デベロッパーコンソールでも余白が表示

この現象は、使っているウィジェットが「テキスト」ウィジェットのときに起こります

テキストウェジェットが原因

広告ユニットの中には、「テキスト」ウィジェットを使ってコードを貼り付けるような記載があるものもあります。

テキストウェジェットを推奨する文章

これは、Wordpress4.8でウィジェット機能が大幅に強化される以前の名残です。

WordPress4.8以降のバージョンでは、コードを記述するウィジェットとして「カスタムHTML」ウィジェットが用意されています。

カスタムHTMLウィジェットを使う

WordPressが4.8にバージョンアップしたときに導入された、「カスタムHTML」というウィジェットを使うことで、無駄な余白が出来る問題を解決することができます。

カスタムHTMLウィジェットを使う

「テキスト」ウィジェットの代わりに、「カスタムHTML」ウィジェットを使ってコードを貼り付けるだけで、余分なスペースのない状態で表示されるようになります。

無駄な余白がなくなる

カスタムHTMLウィジェットが保存できないときは?

コードを挿入するときに便利な「カスタムHTML」ウィジェットですが、コードを貼り付け保存ボタンを押したにもかかわらず、いつまでも進捗マークがくるくると回ったまま、保存が完了しない場合があります。

これは、WEBサーバーのWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)というセキュリティ機能が邪魔をして、保存ができない状態になっています。

WordPressを運用しているWEBサーバのセキュリティ設定を、「カスタムHTML」ウィジェットを保存するあいだだけ、OFFにしてあげる必要があります。

ロリポップでの変更方法を紹介した記事を書いています。参考にしてみてください。

WAFセキュリティ設定変更方法はこちら

まとめ

Googleアドセンスなどこ広告スクリプトの表示に、無駄な余白ができてしまうときの対処方法を紹介しました。

WordPressの「テキスト」ウィジェットにスクリプトコードを貼り付けてしまうと、表示にスペースができてしまいます。

「カスタムHTML」ウィジェットを使うことで、正常な表示にすることができます。

「カスタムHTML」ウィジェットがうまく保存できないときは、Wordpressを運用しているWEBサーバのWAFセキュリティ設定を、一時的にOFFにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする