Thunderbirdのごみ箱が消えた!復活する方法

Thunderbird_trush_eye

ある日ふと気がつくと、メールソフトのThunderbirdのごみ箱が消えていました。
複数アカウントを登録していますが、消えたのは一番送受信量の多いアカウントひとつだけです。
最初は困りましたが、意外と復活は簡単にできました。

ゴミ箱復活方法

ごみ箱が消えると、当然ですが削除ボタンを押しても、何の反応もしなくなります。
ローカルフォルダや別アカウントのごみ箱へは、手動で移動しないかぎり自動では入ってくれません。

復活は、とても簡単にできます。

・新しいフォルダを作成
Thunderbird_trash (1)
メニューからでも右クリックからでも良いので、「新しいフォルダ」を作成します。

・名前を「trash」にする
Thunderbird_trash (2)
新しいフォルダの名前を「trash」にして、「フォルダを作成(R)」を押します。

完成
Thunderbird_trash (3)
「ごみ箱」が出来ました。

あっという間すぎて、拍子抜けします。

「ごみ箱」が復活すると、当然ですが「削除」ボタンが機能します。押すと自動で「ごみ箱」へ入るようになります。
「削除」を押すことで、ちゃんと復活しているか動作確認できますね。

まとめ

意外にも簡単に復活できて、逆に驚きです。

送受信量が多いアカウントのため、「最適化」が割と頻繁に入ります。
「最適化中」になると、PC全体の動作が重くなるため、急ぎの時はすぐに他の作業を重ねて行ってしまい、更に重くなるということがあります。
繰り返していると処理が追いつかなくなり、フォルダが消えている、つまりファイル破損が起きているということです。
PCの電源をいきなり切ってはダメだというのと一緒ですね。

これに関連して、迷惑メールの自動振り分け機能の不具合も解消しました。
迷惑メールのマークは自動でつくのですが、迷惑メールフォルダに自動で移動できなくなっていました。
ごみ箱が復活すると迷惑メールの自動転送不具合も解消していました。

フォルダ同士に、なにか関連があるのでしょうね。

無料メールソフト Thunderbird

Firefox Web ブラウザ
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 28.8 MB
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. データ復旧 より:

    勉強になりました。ありがとう!

  2. EarlgreyTea より:

    Thunderbirdのごみ箱フォルダー修復は公式サポートページに方法が掲載されています。
    https://support.mozilla.org/ja/kb/cannot-delete-messages

    作成すべきフォルダー名は「trash」ではなく、頭大文字の「Trash」です。
    また、フォルダーの実ファイルが不完全な形で残っている可能性があり、
    最初にそのファイルを直接確認して削除したほうがよいです。

    • taks より:

      コメントありがとうございます。
      実経験から書いた記事ですが、公式から正式な情報が公開されていますので、公式情報を優先したほうが安全ですね。