12年間メインとして使っていたWindowsPCが壊れた。次期メインマシンをどうしようという話

2005年にメインマシンとして購入した、某ショップの BTO マシンが、とうとうお亡くなりになってしまいました。

BTOマシン

それ以前は、毎回自作マシンを組んで使っていましたが、特にゲームをするわけでもなく、PCを使うことよりも、自作したりオーバークロックを楽しんだりすることが、メインだった気がします。

自作や当時黎明期だったLinuxをインストールしたりして遊んでいましたが、ハード面でやることはある程度やり尽くした感じになり、闇雲にハイスペックを求めることもなくなっていきました。

当時インターネットと言えばダイアルアップからISDNへ移り変わった頃で、ルーター自体もまだまだ高価だった時代でした。

自作PC を組んでいたころ、ジャンクノートPC にも手を出して、ニコイチノートを作ったりもしていましたので、余っていたノートPCに Linux をインストールして、IPマスカレードでルータ代わりにしてみたり、Squidでプロキシサーバを組んだり、Postfixでメールサーバを立ち上げ、一括管理できるようにしたりしていました。

ゲームをするわけでもないので、ずば抜けたマシンパワーは必要ありませんでしたので、BTOでそこそこスペックのPCを購入していました。
当時、登場したばかりの Windows7 が搭載されていましたので、それなりに楽しめました。

それも、とうとう故障してしまいました。Bios画面すら立ち上がらないので、マザーボードがお亡くなりになってしまったようです。

流石に12年間、毎日使い続けて、よく持ったほうだと思います。

次期メインマシン

壊れたPCですが、電源は入るのでパーツ交換で直すことも可能だとは思います。
しかし、さすがに12年も立っていると規格自体が変わってしまっているので、マザーボードだけを変えれば良いというわけではなくなっています。
マザーボードを変えるとなると、CPUとメモリも変えないといけません。
HDDの寿命を考えると、パーツ交換ではなくまるまる買い替えたほうが良さそうです。

Mac mini も使っていますので、そちらをメインPCに昇格するという案もあるのですが、Windows専用の資産管理ソフト MS Money を使っていたため、データの移行ができません。
やはりWindows機が、まだ必要です。

Windows機存続のため、いくつか案を考えてみました。

1. 必要なパーツを交換し、自作機として組み直す。

ケースを再利用して、マザーボード、CPU、メモリ、SSDを交換して、新規自作マシンとして蘇らせます。
修理というより、全く別物のマシンを組み上げることになります。

メリット:
自分好みのスペックを選ぶことができます。

デメリット:
昔は、同じスペックなら自作機のほうが安いといっていましたが、今は逆転してしまい、価格は高く付くことが多い。

2. BTO機を新規購入。

今までのメインマシンと同様に、ショップオリジナルの組み立て済みPCを新規に購入する方法です。

メリット:
完全自作機ほどではないが、ある程度のパーツ選択ができ、スペックを選ぶことができる。

デメリット:
吊るしの状態だと、マザーボードがしょぼいことが多く、自分で拡張する時ネックになることが多い。

3. Macへデュアルブートインストールする。(BootCamp)

Macの標準機能である BootCamp を使って、デュアルブート化する。

メリット:
標準機能なので、無料で構築が可能。(OS代のみ。手持ちがあるなら無料)

デメリット:
OS の切替時に、毎回再起動が必要になる。

4. Macへ仮想化インストール。(仮想化アプリを購入)

Mac 上にエミュレターを構築(仮想空間)し、Windowsをインストールする。
無料アプリもあるが、安定性と機能制限などを考えると、有料アプリを購入したほうが良さそう。

メリット:
Mac と Windows を同時起動でき、ファイルの受け渡しもドラッグ&ドロップで可能となる。

デメリット:
使用方法にもよるが、Mac への負荷が増大する。

まとめ

いくつか案はありますが、まだ決め兼ねている状態です。
利便性をとるか、コストパフォーマンスをとるか、といったところですね。

利便性とコストの両立できる方法を、考え中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする