60kgダンベルとWバーを買ってしまった

60kgez _eye

今まで使っていた山善クロムダンベル50kg(20㎏ダンベル×2 + 追加プレート2.5㎏×4枚)のダンベルプレスが、イマイチ効きが悪くなってきました。
レップ数やセット数を増やしたり、インターバルを変えてみたりしましたが、低重量高レップが有効な部分は良いのですが、高負荷でのトレーニングが有効な部分には、やはり不利です。

ファイティングロード 60㎏ダンベル

山善のダンベルセットは、シャフト径が特殊なのでバーベルなど他の標準サイズシャフトに流用ができません。
熟考した結果、新たにセットを購入してしまいました。

決め手は、やはり価格の安さです。
ダンベルプレートの良し悪しと言っても、結局規定の重さがあれば問題無いと思って選びました。
見た目やプレート組み換え時の音、床への傷が気になるならカバー付きもあります。

アイロテック レギュラーWバー

前から欲しかったWバーも一緒に購入しました。
色々なメーカーから出ていますので、長さや曲がり具合など好みのものを選べます。

人気の高いアイロテック製のレギュラーWバーを購入しました。

プレート固定用のカラーが約500gで、シャフトと合わせて6.5㎏らしいですが、クリップ式のカラーを別途購入したので、シャフト重量は6㎏で計算するようにしています。

サイズはバッチリで、アイロテックWバーのプレート取付面はネジ山もなくツルツルなのですが、滑ることもありません。

開封の儀

3個口に分けて届きました。
エレベーターがないマンションなんで、運送屋さんが悲鳴をあげてた。ごめんよ~。

60kgez (1)

60kgez (2)
大きい箱を開けると、シャフトと梱包されたプレート。

60kgez (3)
全て出したところ。

60kgez (4)
ファイティングロード60㎏ダンベルセット

60kgez (5)
山善クロムダンベルセットは、2.5㎏までしかありませんでしたが、ファイティングロードには、5㎏プレートが付きます。

60kgez (10)
プレートセットしてみた。

60kgez (11)
これで片側30㎏。

60kgez (12)
プレートの追加は難しそうです。
重量をもっと増やしたくなったら、10㎏以上のプレートを購入して、入替えたほうが良さそうです。

60kgez (7)
アイロテックレギュラーWバー

60kgez (6)
一緒に購入したDANNOクリップ式バーベルプレート止めカラー D-680
似たような製品はたくさんありましたが、購入時一番安かったのでこれを2個購入しました。

60kgez (8)
アイロテックレギュラーWバーの純正カラーは、ロックするのにちょっと手間が掛かりそうです。

60kgez (9)
装着してみるとシッカリと固定されて、滑りや緩みもありません。

60kgez (13)
ファイティングロードのプレートを付けてみた。

60kgez (14)
純正カーラて止めると、こんな感じ。

60kgez (15)
DANNOクリップ式カラーでは、こんな感じです。
完全に固定というよりは、滑り落ちないようにしておくストッパー的なものですが、基本水平を保っての使用ですので問題ありません。

まとめ

実際に使ってみて、いくつか不満点もありました。とくにファイティングロード60㎏ダンベルセットについてです。

プレートの塗装が雑過ぎます。蒸着塗装されておらず、塗っただけ状態なので、組み換えたりするたびにポロポロと剥がれてきます。
これならいっその事、塗装なしのほうがよっぽどマシといったレベルです。

これも塗装の影響のような気がしますが、ロックスクリューがすぐに緩みます。
シッカリと念入りに締め込んだつもりでも、カールしているだけで緩んで来ることがあります。頻繁に。
プレートが少ない時は、DANNOクリップ式カラーを使ったほうが安心です。
アイロテックなど他のメーカーだったら、そんなことないのかな?

全体的には概ね満足しています。出来る種目も一気に増えたので、トレーニングのいいモチベーションアップにもなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする