愛用の電動歯ブラシが充電不良で買替え!Panasonic Dolts EW-DA51-Wはパワーが凄かった!

今まで使っていた電動歯ブラシは、調べてみたら購入が2005年3月でした。13年間よく壊れずに持ったものです。
流石にバッテリーがフル充電しても5分ほどしか持たなくなったので、買い替えました。

今まで使っていた電動歯ブラシ

今まで13年以上使い続けいていた電動歯ブラシは、パナソニックのドルツ EW1024-W という機種でした。

音波歯ブラシ

音波歯ブラシ2

音波歯ブラシ その3

はじめてのブログでもある、このブログを立ち上げて間もない頃で、拙い記事を書いていました。

今では当たり前ですが、当時としては出たばかりの毎分30000回を超える振動で磨く、音波振動歯ブラシと銘打って発売された、なかなか高性能な機種でした。

Panasonic Dolts EW-DA51-W

今回購入した電動歯ブラシも、今まで使っていたパナソニックのドルツシリーズを選びました。

他にも有名なメーカーはありますが、やはり今まで使かっていて13年間故障なく使えるという実績もある国産メーカーということで、安心感が違います。

ドルツシリーズの中で、今回選んだ製品はこちら、パナソニック ドルツ EW-DA51-Wです。

2017年発売のモデルで、当然機能的にも必要十分で、価格もこなれている。コストパフォーマンスが非常に良い製品だと思います。
通常モード、ソフトモード、歯茎磨きモードと3段階のモード調節が出来ます。

最後まで迷ったのが、上位機種のパナソニック ドルツ EW-DP51-Sです。

EW-DA51-Wの機能に加え、「W音波振動」という横振動+タタキ振動が加わったモードと、ステイン除去モードが加わっています。

今まで使ってきた経験から、私の場合モードがたくさんあっても、ほぼ通常モードしか使わないので、使わない機能満載の高級機より、使う機能がしっかり使えるコスパモデルということで、EW-DA51-Wにしました。

開封の儀

正面

側面1

裏面

側面2

天面

内容物:

  • ブラシ受け
  • ブラシ4種類
  • AC電源アダプター
  • 本体台座兼非接触充電台
  • 取扱説明書&ユーザー登録書類
  • 本体
  • 携帯用ケース

本体正面

本体側面

本体底面

以前使っていたものよりコンパクトで軽くなっています。

使用感

13年前のものと同じように非接触充電ですが、フル充電になったら自動で”充電OFF”になります。
以前のものは、フル充電になっても充電ランプが消えずに、ずっと充電し続けていたので、スイッチ付きのタップを経由して、フル充電になったら手動で電源OFFにしていました。

充電ランプが3つ付いているのですが、フル充電状態で1回10分ほど使用しても、ランプ1つ分減るくらいです。
容量も十分余裕あります。

電源関係は、この10年で進化していますね。

パワーも申し分なく、今まで使っていたものも13年でかなりパワーが落ちていたのに気付かされました。
毎日使っていると気づきにくいですが、購入当初はかなりパワーがあったなと思い出しました。

動画を見たり作業をしたりしながら10分近く磨くことが多いのですが、通常モードだけでも十分歯が白くなり、舌触りでもツルツル感がしっかり感じられます。

やはり使わない機能満載のものも良いですが、コスパ重視のこちらでも十分に満足できると実感しています。