Xiaomi社製3軸ジンバルカメラ「FIMI PALM」をレビュー!コンパクトなジンバル一体型カメラの実力は?【PR】

 

Pergear社様からXiaomi社製3軸ジンバルカメラ「FIMI PALM」のレビュー依頼をいただきました。

最近流行りのVLOGや旅行の記録など、スマホでも撮影できるのですが、手ブレをしてしまったり撮影中はスマホを他のことに使えなかったりと、不便な面もあります。

Youtuberのように大きな機材を抱えるほどではありませんが、手軽にきれいに撮れるコンパクトなカメラが欲しくなりますね。

3軸ジンバルカメラは、ジンバルとカメラが一体となった手のひらサイズのコンパクトな映像撮影用カメラです。

Xiaomi社製3軸ジンバルカメラ「FIMI PALM」でどんな事ができるのか、メリット・デメリットを紹介します。

FIMI PALM3軸ジンバルカメラ

3軸ジンバルカメラといえば、DJI社のOmniシリーズが有名です。手ブレ補正ができるジンバルとカメラが一体となった初の製品でした。

発売当初は、普通のカメラを取り付けるタイプのものと変わらず結構大きめの製品でしたが、最近ではOmni Pocketというコンパクトなタイプが発売されました。

大きいタイプが使いたいのであれば、普通のカメラのほうが画質も良いので、一体型にするメリットがあまりありません。当然の進化だと思います。

コンパクトになったOmni Pocketは、使い勝手もよく評価も高い製品となりましたが、価格が高い!他に競合がいないのですから当然です。

そこにXiaomi社から、ほぼ同等の機能を持った「FIMI PALM」が登場しました。それもほぼ半額程度の価格で。

FIMI PALMの外観

FimiPalm付属品

送られた商品は、本体とストラップ、クリーニングシートがセットになっていました。

FimiPalm本体内容物

箱の中身は、以下の通りシンプルな構成です。

  • 本体
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書(中国語のみ)

FimiPalm正面

本体正面
ボタンは、電源ボタンとジョイスティックの2つのみのシンプルなもの。
電源ボタンの上に小さな穴がマイク1。
ジョイスティックボタンの上は、充電時のパイロットランプ。

設定などの操作は、液晶のタッチパネルで行います。

FimiPalm右側面

右側面
MicroSDカードスロットとストラップ取り付け穴。

FimiPalm左側面

左側面
マイク2の小さな穴だけがあります。

FimiPalm背面

背面
一般的な三脚などに使える1/4ネジ穴があります。正直使い勝手が悪そうな位置・・・

FimiPalm底面

底面
USB-C端子があり、充電ケーブルやオプションの接続に使います。
底面全体が滑り止めのラバーになっているため、立てて置いたときには十分に安定します。

FimiPalmカメラ部分

保護キャップ付きのカメラ部分。カメラは、最も人間の視野角に近い128度まで対応しています。

taks
電源を入れるとジンバルの初期調整でいろいろな角度に動くので、キャップを付けたままで入れないように気をつけましょう。

FIMI PALMの初期設定

箱から出して最初に使い始めるまでの設定を紹介します。

FimiPalm充電

箱から出して電源を入れようとすると、完全に放電しきっていたようで入りませんでした。使用する前には、最初に充電が必要です。

充電中は、パイロットランプがゆっくりと点滅します。充電が完了するとランプが消灯します。

充電時間(ランプが消えるまで)は、約6時間程かかりました。取説には約8時間で満充電と書いてあるようです。

microSDカードのフォーマット

FIMI PALM本体には、録画用のドライブは内蔵されていません。microSDカードが必要です。

FimiPalm_microSDカード

4K30fpsまで撮影可能ということで、128GBのものを一緒に購入しました。

FimiPalm_microSD挿入

microSDカードのフォーマットを実行します。

FimiPalm_System Settings

FIMI PALMの設定モードから「System Settings」を選びます。

FIMI PALMの設定モード

FIMI PALMの設定モードは、スマホのように液晶画面上のスワイプ・タップで行います。

液晶画面上部から下方向へのスワイプで設定モードに入ります。左右のスワイプで項目移動になります。

FimiPalm_Format

フォーマットの項目を選びフォーマットを実行します。

Camera Settings

FimiPalm_Camera Settings

カメラの設定を行います。画像形式・露光モード・録画方式・コーデック・歪曲補正を設定できます。

動画撮影を始めるにあたっては、最低限以下の項目を設定しておく必要があります。

設定項目 アイコン 設定内容
露出モード設定 FimiPalm_スポット露光 スポット露光。中央部分一点を計測します。
FimiPalm_中央露光 中央露光。中央付近の範囲を計測します。
FimiPalm_全体露光 全体露光。画角全体を計測します。
リージョン設定 FimiPalm_NTSC アジア・北米地域はこちらのリージョンを選びます。日本で使用する場合は、こちらを選びます。
FimiPalm_PAL ヨーロッパ地域はこちらのリージョンを選択します。
圧縮方式設定 FimiPalm_H264 H.264コーデックによる圧縮方式。現在の一般的な普及コーデック。
FimiPalm_HEVC H.265コーデックによる圧縮方式。圧縮率は高いが古いプレーヤーは対応していないこともあります。
湾曲補正設定 FimiPalm_湾曲補正ON 湾曲補正モードON。広角レンズによる湾曲を補正します。クロップされるため、若干画角が狭くなります。
FimiPalm_湾曲補正OFF 湾曲補正モードOFF。広角レンズによる湾曲はありますが、画角は最も広く使えます。

Gimbal Settings

FimiPalm_Gimbal Settings

ジンバルの動作設定を行います。ジョイスティックの反応速度・フォロースピード・キャリブレーション・キャリブレーション微調整を設定できます。

使い始めるための初期設定では、ジンバルのフォロースピードとジョイスティックの反応速度設定だけで充分です。

設定項目 アイコン 設定内容
ジョイスティック設定 FimiPalm_ジョイスティック ジョイスティック操作をしたときのカメラの移動速度を10段階で設定します。2〜4くらいが使いやすいと思います。
フォロースピード設定 FimiPalm_フォロースピード ジンバルの追従スピードを10段階で設定します。3〜5くらいがなめらかに追従してちょうどよいと思います。
taks
各スピードの調整は、撮影する内容によって好みで決めてください。

特徴とメリット

FIMI PALMを使ってみて感じた「ここが良い」ポイントを紹介します。

  • 価格が安い
  • レンズやカメラ本体の手ブレ補正とはレベルが違う滑らかさ
  • コンパクトなので人目が気にならない
  • 設定が直感的に片手でできる

価格が安い

まずは何より価格の安さが挙げられます。3軸ジンバルカメラで話題になったDJI社のものと比べて、半額近い価格です。

性能的に見ても一長一短はありますが、特に劣っている印象はありません。画質や機能面などの違いは、好みや使い方の問題といって差し支えないと思います。

何よりこの価格ですから、3軸ジンバルカメラの入門としても最適です。使ってみて不満があれば、ステップアップすれば良いだけです。まずは3軸ジンバルカメラを使ってみたいという方にとっては、コストパフォーマンスが優れた一台です。

レンズやカメラ本体の手ブレ補正とはレベルが違う滑らかさ

FimiPalm_カメラ付近アップ

一眼カメラやレンズ、アクションカメラなどの手ブレ補正とは、明らかに一線をかくなめらかさです。

ブレを補正するのに特化した機械であるジンバルに専用のカメラを合体させたのですから、バランスが良くて当然です。

様々なカメラを取り付けられるジンバルの場合、取り付けごとに毎回バランス調整などが必要ですが、専用カメラの一体式なので、バランス設定が完璧です。余計な調整をする必要もありません。

映画などを高画質で撮りたいというのなら、良いカメラを使う必要があるかもしれませんが、VLOGや旅行の記念などの撮影であれば、4Kも撮れるので十分満足できるレベルです。スマホやコンデジでの撮影と比べると、ジンバル機能のおかげでワンランク上の映像が撮れます。

コンパクトなので人目が気にならない

ボディサイズがとてもコンパクトなので、カメラやスマホで撮影している仰々しさがないため、周りの人から白い目で見られる事がありません。

観光地やイベント会場などでもない場所で、スマホやカメラを向けると、とても目立ちます。人によってはあからさまに嫌な顔をされることもあります。VLOG的に日常を切り取ろうとすると、都心ならいざしらず田舎町では特に目立ってしまいます。

FimiPalm_カメラ迷惑

3軸ジンバルカメラだとコンパクトな筐体と胸元でスマホを見ているような姿勢で撮影ができるため、それほど目立つことなく撮影ができます。

設定が直感的に片手でできる

中国語の取扱説明書しか入っていませんでしたが、タッチパネル式液晶で行う各種設定方法は、とても良く考えられていて、直感的に操作することが可能です。

FimiPalm_片手操作

各種設定項目の画面には、図柄によるアイコンで表示がされるため、取扱説明書を見なくても内容がつかみやすくなっています。

液晶画面のスワイプとタップで設定画面の移動・設定変更ができるため、小さな液晶ですが片手の操作ですべての設定を完了することができます。

ここがいまいちデメリット

メリットばかりではレビューになりませんので、FIMI PALMを使って感じた「ここがいまいち」なポイントも紹介します。

  • タッチメニューの行き来が大変
  • ボディが熱くなる
  • アクセサリーが高価
  • 音質が悪い

タッチメニューの行き来が大変

直感的な操作で移動設定できる設定画面ですが、各種設定項目に入ると戻るボタンや全画面に戻るスワイプなどがなく、1つ前の画面に戻ることができません。ホーム画面に戻って始めからメニュー階層を進めなければならないため、続けていろいろな項目を設定したいときには不便を感じます。

直感的で片手で操作できる便利なユーザーインターフェイスだと思いますが、このポイントだけは残念です。

ボディが熱くなる

小型ガジェットの宿命ではありますが、長時間の仕様でボディがかなり熱くなります。メーカーのテストデータでは、DJI社の製品より低い最大約60度程度の熱さだそうです。

ボディ背面の1/4ネジに放熱部品を内蔵しているということなので、背面を握り込むような持ち方は避けたほうが良いでしょう。

FimiPalm_1/4ネジ

機器オートオフする保護機能が備わっており、熱すぎると自動的に電源が落ちます。温度が下がると保護機能が解除され、使えるようになります。

taks
この機能を知らないと、熱暴走で落ちたと思うでしょうね・・・

私が使ってみたときは、気温30度程度の夏場に屋外で20分ほど連続使用しましたが、落ちることはありませんでした。かなり熱くはなっていましたが・・・

アクセサリーが高価

底部のUSB-C端子を通じて外部マイクが使える充電台座などのアクセサリがいくつかありますが、本体が安いからなのかアクセサリ類の価格が高く設定されています。

サードパーティ製のアクセサリ製品が続々発売されているので、今後に期待しましょう。

音質が悪い

FimiPalm_マイク

ボディにマイクが設置されているため仕方のないことですが、ボタン操作のクリック音や持ち替えるときの手のスレ音が盛大に入ります。

外部マイクが欲しくなるところですが、アクセサリ類の価格が高いところがネックになってきます。

サードパーティ製のものでUSB-C端子に直接接続できる外部マイクかUSB-Cを3.5mmジャックに変換するアダプターを使う必要がありますが、変換アダプターには注意が必要です。

FIMI PALMの3.5mmマイクジャックは、3極である必要があります。スマホなどはイヤホンとマイクが一体となっている4極ジャックが一般的です。4極ジャックのマイクだとFIMI PALMでは使えません。3極の変換アダプターとマイクが必要です。

まとめ

Xiaomi社製3軸ジンバルカメラ「FIMI PALM」は、4K撮影もできるコンパクトなジンバル一体型カメラとしては、必要十分な機能を持っています。

定期的にファームウェアのアップデートも行われているようで、バージョンアップごとにバグの修正も行われています。

何より特筆すべきはその価格。他社製品と比べて、驚異的な低価格化に成功しています。

コンパクトな3軸ジンバル一体型カメラの入門として、コストパフォーマンスに優れたおすすめできる製品に仕上がっています。

Amazonでお得に買う方法

ネット通販の代表格Amazon。Amazonプライム会員に登録すると送料無料の他にも様々な特典がついてきます。

そんなAmazonでの買い物を、さらにお得にするなら、Amazonギフト券への購入チャージをおすすめします。

 

現金でチャージするたびに、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員の方なら是非活用して、更にお得に利用しましょう。

CHARGE NOW

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

1円単位で購入可能

スポンサーリンク

フォローする