MacBook AirのSkitchを旧バージョンにした

Skitch_eye

MacBook Airを手に入れて、いろいろと環境整備を進めていました。当然画像編集アプリを入れますが、何も考えずにiTunes storeからSkitchをインストールしていました。

Windows機でもSkitchは使っていましたが、Mac版ほど使えるものではなく、こんなもんかと思い矢印と文字入れだけ使っていました。

Mac版ではいろいろなサイトで「旧バージョンのほうが使いやすい」「最悪の改悪アップデートだった」と言った記述を見かけます。
多くの方が口をそろえて絶賛する旧バージョンのSkitchをインストールしてみました。

新Skitchの不満点

いろいろなサイトを見て新Skitchと旧バージョンの違いを簡単にまとめてみました。

新Skitchは、モザイク処理が新たに可能となり、メニューや見た目もスッキリと簡素化され、操作しやすくなりました。
その一方で、なくなってしまった機能が多数ありました。

  • 塗り潰し
  • スポットライト処理(透過塗り潰し)
  • 文字のフォント選択
  • ドラッグ保存時のファイル形式選択

簡素化されすぎてませんか?
どの機能もブログにかぎらず、画像を解説資料として使うには必要な編集機能だと思います。

Evernoteは、Skitchを画像編集アプリではなく、簡単な画像メモアプリと位置づけているんでしょうね。

旧バージョンのダウンロード

当然ですがAppStoreからは、最新バージョンのSkitchしかダウンロードできません。

Skitch :スナップショット, メモ, 送信
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 19.2 MB
カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン

では、どこからダウンロードするか?

EvernoteのSkitch公式サイトから可能になっています。

Skitch_oldvar

2.0系へバージョンアップ後、あまりに不満の声が多いためか、公式サイトに旧バージョンのダウンロードリンクがひっそりと誕生していたようです。

まとめ

直感的な使い方や操作感は、新しいほうが分かりやすいですが、使い方を覚えてしまうとうわさ通り旧バージョンのほうがいろいろな機能があって使い勝手が良いです。

個人的には、スポットライト処理を手軽にできることが一番うれしいですね^^
矢印マークや枠線で囲むだけでなく、見た目も良くわかり易さが増します。

一般的には最新バージョンの方がバグ修正済みで安定性や機能面でも良くなるはずですが、機能面におよぶ大きな変更が加えられて別物になってしまうこともあります。
使う時はいつでも元に戻せるようにバックアップしておいたほうが良いですね。

SkitchはiPhone版も有りますが、iPhoneではMarkeeを使うことが多いです。こちらも良いアプリですよ。

Skitch
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 20.8 MB
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ


Markee
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 27.6 MB
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化

スポンサーリンク







シェアする

フォローする