BetterTouchToolのライセンスを購入して永続ライセンスアクティベートする方法

 

Macに便利な機能を追加・設定できるBetterTouchTool。2年間のライセンスが切れたので、永続ライセンスを購入しました。

BetterTouchTool

トラックパッドやマウスのジェスチャー、キーボードのショートカット、ウインドウのリサイズなど自分好みに自由に設定できる、Macユーザーの間で人気のユーティリティアプリです。

同社が提供しているBetterSnapToolというアプリを購入すると、2年間のライセンスがついてくるというので、BetterTouchToolを便利に使っていたのですが、2年が経過しアップデートができなくなっていました。

BetterSnapTool
価格: ¥360(記事公開時)
サイズ: 1.8 MB
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

BetterTouchToolは、ライセンスが切れても使い続けることはできますが、アップデートができなくなります。
バグ修正や新機能なんてなくても良いかなと思えば、そのまま使い続けることができるので、半年ほどライセンが切れたまま使い続けていました。

特に不具合等もなく使い続けられるのですが、アップデートがあったタイミングで、ライセンス購入を促すダイアログが出るようになります。

表示させないようにもできるので、特に不満はなかったのでそのまま使い続けていましたが、MacのOSをMojaveにアップしたタイミングで、頻繁にアプリが落ちるという不具合が出てしまいました。

BetterTouchToolのライセンスが切れた段階では、MacOS Mojaveに対応したバージョンではなかったようで、本来であれば最新版にアップデートすることで対応版になるはずが、ライセンス切れでバージョンアップすることができませんでした。

しばらく都度立ち上げ直して使っていましたが、あまりにも使いにくく感じたため、ライセンス購入することにしました。

ライセンスの種類

ライセンスの購入方法は3種類。

ライセンスの種類 金額 期間
Standard License(標準ライセンス) $7.5 2年間のライセンス
Lifetime License(永続ライセンス) $21 BTTが存在する限り
Setaap Subscription(月額課金) 月額$9.99 課金中

アップデートを促すダイアログでは、それぞれ$6.5、$20だったのですが、サイトでは値上がりしているようです。
更にこの価格は税別です。

標準ライセンスは、2年間のライセンスですので、2年後にまたOSのアップデートなどで購入せざるを得なくなるかもしれません。

月額課金モデルは、Setapp社のMacアプリ使い放題セットのひとつに組み込まれています。月額価格がおよそ1000円ほどするので、使いたいアプリがいくつか組み込まれているのであれば、検討する価値もあると思います。

永続ライセンスを購入

私は、永続ライセンスを購入することにしました。

最初は、ライセンスが切れても使い続けられるのであれば、新機能がなくても十分だと思っていたのですが、OSのバージョンアップで対応できなくなるというのは盲点でした。

MacOSは、いまのところ新バージョンを無料で提供しているので、バージョンアップのハードルが低く、機器が対応しているとすぐに新OSへしてしまいます。

BetterTouchToolがいつまであるかもわかりませんし、突然「BetterTouchTool2を新しく出したので、そっち買ってね」とならない保証もありませんが、月額課金モデルが主流になりつつある現在において、永続ライセンスを一度購入するだけで、バージョンアップを永続的にできるというモデルは、十分魅力的です。

じわじわ値上がりもしているようなので、今回永続ライセンの購入に踏み切りました。

ライセンスの購入方法

すべて英語なのでわかりにくいですが、実際に購入した方法を紹介します。

支払いには、Paypalを使用しました。

ライセンス購入を促すダイアログ画面から、「Open website to purchase new license」をクリックします。
ブラウザが立ち上がり、購入ページが表示されます。

下記リンクのクリックでも購入ページへ行けます。

購入ページが開いたら、まずは価格を確認しておきましょう。
ダイアログの表示と現在の価格が違うことがあります。

執筆時点では、若干値上がりしているようでした。
また、表示価格は税抜価格です。

左から、標準ライセンス(Standard License)、永続ライセンス(Lifetime License)、月額課金(Setapp subscription)です。

永続ライセンスを購入するので「BUY LIFETIME LICENSE(VIA PADDLE.COM)」クリックしました。

ライセンス所有者の名前を入力します。会社名やニックネームでも良いようです。

Number of Licenses(ライセンスの数)は、個人使用であれば「1」のまま変更の必要はありません。複数台に使用しても問題ありません。

画像下から3番目の「Multi Computer Usage」に「Typically private individuals would choose to use it per-user which allows to use the license on all computers where the user who purchased the license (or whom it was purchased for) is the main user of the machine. Additionally I allow to use it on 1 shared family computer.(通常、個人で使用することを選択すると、ライセンスを購入したユーザー(または購入したユーザー)がマシンのメインユーザーであるすべてのコンピュータでライセンスを使用できます。 さらに私は1つの共有ファミリーコンピュータでそれを使用することを許可します。)」とあります。

入力できたら「CONTINUE TO CHECKOUT」をクリックして進みます。

メールアドレスの入力画面が表示されます。

ここに入力したアドレスに、アクティベート用のURLが送られてきますので、間違えないように正確に入力しておきましょう。

この画面で、初めて総額が表示されます。左上の「数量」の欄が「1」担っていることを確認して「次へ進む≫」をクリックします。

住所の入力画面になります。

「Japan」になっていることを確認して「次へ進む≫」をクリック。

支払い選択画面になります。

Macでブラウザをsafariにしていると、ApplePayが表示され、使えるようです。
私は、ApplePayを使っていませんので、Paypalを選択しました。

頻繁に使う有名な通販サイトならいざ知らず、一度きりしか使わないであろう海外サイトに、クレジットカードの番号を入力するのは怖いですからね。

Paypalの支払画面に自動的に移動します。

Paypalアカウントを持っているので、ログインします。

Paypalに複数のカードを登録していると、どのカードを使うか聞かれますので、使用するカードを選択し「続行」をクリックします。

支払い金額を確認して「同意して続行」をクリックします。
レートの表示もされているので、日本円換算も確認できますね。

購入が完了すると、先程入力したメールドレスに、アクティベートURLとライセンスファイルが添付されたがメールが届きます。

URLをクリックするか、添付ファイルをダブルクリックすることで、BetterTouchToolがアクティベートされます。

アクティベートに成功すると、成功ダイアログが表示されます。

BetterTouchToolのバージョン表示画面でも、ライセンス情報が確認できます。

まとめ

BetterTouchToolのライセンス購入を検討されている方は、もう十分にBetterTouchToolの便利さを理解していることと思います。
私も2年間のライセンスで使用しているうちに、もうBetterTouchToolなしではいられない体になってしまいました。

このアプリの機能とバージョンアップの頻度、複数台での使用が可能ということを考えたら、永続ライセンスの価格でも安いくらいだと思います。

じわじわ値上がりしているようなので、早めに購入しておくと幸せになれると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    永続ライセンス購入された後で恐縮ですが、BetterSnapToolというAppStoreにある同社のアプリを購入するとBTTのライセンスも自動付帯でしたよ。

    • taks より:

      コメントありがとうございます。

      BetterSnapToolは、私も購入しましたが、2年間の期間限定ライセンスだったのです。

      2年の期限が切れて使えなくなり、BetterTouchToolなしではいられない体になっていたので、購入しました。