【Mac】iMovieのテキスト「エンドロール」を左寄せにする方法【iMovie】

最近、テキスト系の動画チャンネルを始めました。基本的に顔出し・声出し無しなので、撮影も必要なく、手軽に始めることができます。
テキスト動画を作成する上での、ちょっとしたテクニック的なお話です。

テキスト系動画

テキスト系動画とは、Youtube でもよく見かける、画像や簡単な動画と BGM に、文章が表示されるだけの動画のことです。

一般的には、文字が映画のエンドロールのように、下から上へスクロールするタイプのものが多いですが、凝ったものになると、複数の画像を文章の内容に合わせて変更し、同時に文字列も1段落ごとに表示させたり、文章を音声で読み上げてくれるものもあります。

テキスト動画といえども、単純なものから凝りに凝った動画まで、なかなか奥が深いです。

iMovieの文字入力は貧弱

以前にも紹介しましたが、普段編集に使っている Mac 標準の iMovie は、文字関係が極端に貧弱です。
正直、テキスト系動画には、向いていないような気がします。

文字の装飾は、最小限しか行えず、色と大きさの変更程度しかできません。
シャドウ設定やアウトライン(縁取り)の色や太さも指定できません。
配置も、もともと設定されている場所から移動させることさえもできません。

それでも使ってしまう最大の理由は、”Mac 標準搭載の無料アプリ”だからという事と、無料の割には、基本的な機能がほぼ揃っているということではないでしょうか。
直感的に使えるユーザーインターフェースの良さに加え、クロマキー合成など凝った動画も作れてしまう、コストパフォーマンスの高さも魅力の一つでしょう。

嘆いていても始まらないので、iMovie でテキスト系動画を作る際、基本となるスクロール系の文字を良い感じに入れる方法を紹介します。

iMovie
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 2,152.1 MB
カテゴリ: ビデオ, 写真

iMovieのタイトル「エンドロール」を左寄せにする方法

iMovie で、スクロール型の文字列を入力しようとすると、使えるタイトルは、「エンドロール」一択しかありません。

タイトル「エンドロール」

文字通り映画のラストなどでよく見る、下から上へ文字が流れていくアレです。

デフォルト状態では、すべての文字列が中央に配置されている状態です。

設置した直後は、編集しやすいように全選択状態になっています。
このまま文字を入力、コピペしてしまうと、全て中央合わせの状態で配置されます。

左寄せにする方法

上から3行目の左端にカーソルを合わせます。

そのままドラッグして・・・

最後までを選択状態にします。

そのまま、文字列を入力(またはコピペ)します。

すると、入力された文字列は、左寄せの状態で表示されます。

タイトル行の消し方

上部の「タイトル」の表示を消すときには、注意が必要です。
消し方を誤ると、入力した文字列が、中央揃えに戻ってしまいます。

「タイトル」の表示の直下、2行目にカーソルを合わせます。

そのまま delete を押して、1行目の「タイトル」のみを消します。

消すのは1行目の「タイトル」だけです。中央揃えの1行(もとの2行目)を残しておきます。
この1行を消してしまうと、中央揃えに戻ってしまいます。

左揃えになりました。

動画で紹介

実際に動画で作業の様子を作ってみました。

まとめ

Windows 用のムービーメーカーは、文字関係の装飾やエフェクトなどの自由度が iMovie より豊富なイメージがありますね。
iMovie には、上位互換の FinalCutPro があるので、わざと機能を抑えめにしているのでしょうか?

FinalCutPro が、欲しくなってきますが、「エンドロール」の挙動は一緒のような気もしますね。
それとも別な方法があるのでしょうか?謎です。

iMovie
価格: 無料(記事公開時)
サイズ: 2,152.1 MB
カテゴリ: ビデオ, 写真

Final Cut Pro
価格: ¥34,800(記事公開時)
サイズ: 2,914.2 MB
カテゴリ: ビデオ, 写真

Motion
価格: ¥6,000(記事公開時)
サイズ: 2,258.8 MB
カテゴリ: ビデオ, 写真

スポンサーリンク







シェアする

フォローする